仮想通貨

仮想通貨のそう遠くない将来のはなし!仮想通貨が一般的に浸透するのはそう遠くないのかも

更新日:

先生?仮想通貨って今後どのように使われていくんですか?
おっ!良い質問ですね。では今日は先生が考える「仮想通貨のそう遠くない将来のはなし」をしておきますね。

仮想通貨に興味があるということは、仮想通貨がどういったものなのかをいち早く知り、投資で収益を上げていきたい!と考えているのではないでしょうか?もちろん、仮想通貨投資の知識を得ることはとても大切ではありますが、 できるだけ早くから投資を始めてみることが何よりチャンス だということは言うまでもありません。

まだ取引所に口座開設をしていない方は、「今」がその時ですよ!今!笑

  

最初はもちろん少額からのスタートでいいのです。まずは仮想通貨というものを保有してみること。そして並行して仮想通貨の知識を身につけていけば、収益を上げていくための一番の近道となります。

実際に仮想通貨をもってみることで、見えてくること、わかってくることが沢山あります。仮想通貨は数字でしか目に見えませんが、値動きを見ることが増えたり、それに伴い仮想通貨のニュースなども自然と頭に入ってくるようになります。 知識ばかりを身につけていても、行動に移せないとなるとせっかくのチャンスを逃してしまう ことになります。

実際に自分で体感してみることで、 仮想通貨は「魅力のある投資対象」 として価値を感じられるのではないでしょうか。これから先、仮想通貨を使うことで、国内だけでなく世界中どこにいてもお金のやりとりがどんどんスムーズになりそうですよね。だって円だとかドルだとか、お金の国境が無くなるということですから。 財布を持たずに仮想通貨のみで海外旅行とか当たり前 になるかも。

財布を持たずに海外旅行に行けたら財布をなくす心配もないですね

国内でもすでに、あのビックカメラでビットコインが使用できるわけですし、これを皮切りに幅広い業種でも使えるようになる日がすぐそこまできてるのではないでしょうか。ビットコインにどれほどの実用性があるのか今までは不透明な点が多かったのも事実ですが、2017年4月には法律で正式に通貨として認定したことで、安全に利用できる環境が整いつつあります。ビットコインをはじめとした仮想通貨が日常のいたる場で1つの支払い手段として、一般的に広く普及するのは、そう遠くない将来の話かもしれませんね。

仮想の通貨が一般に浸透するなんて信じられないなぁ

これまでの動きを見る限り、世界的な経済不安が生じた場合、ビットコインが高騰する流れが続いています。2015年の中国上海市場の暴落時には人民元の引き下げを行い、それに伴い中国の富裕層は、資金をビットコインへ...また、国民投票によってイギリスのEU離脱の際も、ビットコインが高騰しました。

これまでも、そういった状況時にはドル買いや円買いなどに走る流れはありましたが、今やそれらに加えて「 ビットコイン買い 」も追加された感じですかね。世界的な経済不安が起こった際の避難場所としてビットコイン( 仮想通貨 )なんて時代にすでに入りつつあるなんて驚きですね!

ただ日本においていえば、まだまだ普及しているとは言えません。普及という面でみれば、他国と比較しても遅れを取っていますが、取引量の面では確実に増え続けています。

普及しにくい背景として、 日本ではビットコインによる決済を導入している企業が少なく 、そういった意味でも「投資」の対象として捉えるしかないといった背景もあります。少なくとも、2020年の東京オリンピックには、ありとあらゆる仮想通貨が当たり前のように決済手段として使用されているのではないかと期待していますが。

考えるだけでワクワクしますね((o(^-^)o))

他国ではすでに仮想通貨を利用するのが日常化しつつある中で、東京オリンピック時に日本に訪れた海外の方たちが、日本でビットコインが使えないとなると...それはよろしくないですもんね。

この 「2020年 東京オリンピック」を1つのターニングポイント と考えている投資家は多いようで、東京オリンピック前後での地価の下落・日経株価の暴落、何が引き金になるかは分かりませんが、そのあたりでビットコインはさらなる高騰をみせるのではないかと言われております。私もそう思ってます。

 

1BTC=270万円から550万円

仮想通貨の専門家は、当初2016年の時点で「ビットコインは2017年に2000ドル( 22万円 )に到達するであろう。」と発言していました。しかし、2017年5月の時点ですでに2000ドルを軽々と突破する結果となりました。

たしかにもの凄く上昇してる!!

株の専門家であるルーニーさんが 今後10年間でビットコインの価格が25000から50000ドル( 270万円から550万円 ) に上昇する可能性を示唆しています。

おーー!今の倍じゃないですか!

Seasoned stock picker Ronnie Moas, who has made more than 900 stock recommendations in the past 13 years, said that Bitcoin price will increase by twofold up to $5,000 in 2018, and will hit a staggering $25,000-50,000 in the next ten years.

訳: 株の銘柄選びの専門家ルーニーは、今まで13年間で900以上の株の銘柄を見てきたが、ビットコインの価格は2018年には2倍の5000ドル( 60万円 )まで上がり、さらにこれからの10年で25000から50000ドル( 270万円から550万円 )まで上がる可能性があると語った。

今、ビットコインを0.01BTCしか持っていない人も、このレートで計算すると55000円まで上がる可能性があるということですね。ここまで上がり続けると、さすがにもうこれ以上は上がらないのでは?と思ってしまいますが、専門家がこのように発言するということは、ビットコインはまだまだ期待できるのではないでしょうか。

以上、「仮想通貨のそう遠くない将来のはなし」でした!

未来のことを考えると仮想通貨熱はまだまだ続きそうですね♪

 

仮想通貨はじめるなら絶対口座開設したい取引所

coincheck( コインチェック )

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番かんたんにビットコインが購入できることで定評のある coincheck( コインチェック ) 。日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一と名実ともに最大手。セキュリティ/補償の面でも、仮想通貨損害補償サービスをおこなっており、安心して取引できます。

bitFlyer( ビットフライヤー )

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer( ビットフライヤー ) は日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超/ユーザー数60万人/資本金41億に加えて、大手金融機関より暗号通信化技術を採用してしていますのでセキュリティレベルも非常に高く、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。補償額は国内最大の500万円となります。

Zaif( ザイフ )

Zaif( ザイフ ) のといえば手数料の安さというくらい、マイナス手数料を大々的に打ち出しており、これは取引をすればするほどプラスになっていくという、トレーダーにとっては最高の仕組みではないでしょうか。ここでしか購入できないトークンも多数あり、何を隠そうあのホリエモンが技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所でもあります。

-仮想通貨

Copyright© 1000万を元手に仮想通貨で億り人を目指すブログ , 2018 All Rights Reserved.