NEO(ネオ) 仮想通貨

仮想通貨NEO(ネオ)とは?仮想通貨NEO(ネオ)の特徴を説明します

投稿日:

先生?ネオってどんな通貨なんですか?
おー。色んな通貨に興味が出てきてますね。では今日は仮想通貨ネオ(NEO)について説明するので、よーく聞いておくんですよ。
はい!お願いします♪

仮想通貨NEOの特徴

今話題になっている仮想通貨。世界中の著名人からビジネスマンまで、もう手に入れている人も増えてきていると思います。その流れに伴って、これから仮想通貨を始めよう!と考え始めた人、これから手に入れようと決めた人も多いのではないでしょうか?

うんうん。

仮想通貨を得るにあたって、まず私たちはその仮想通貨を利用するかを決めなければなりません。仮想通貨の数は今も増え続けており、端的に選ぶことは難しいと思います。

どの仮想通貨が自分に合っていて使いやすいのだろうか…?と不安に思う方に、今回はプログラミング開発に先進的なNEO(ネオ)について紹介したいと思います。

NEO(ネオ)とはどんな仮想通貨?

少しだけ、仮想通貨の概念についてお話をすると、仮想通貨とは、「バーチャルなお金」と呼べます。つまり、端的にいうと、「データ上にあるお金」ということです。そして、バーチャルに保管してあることで、失うことはありません。失うリスクもなく、財布のように持ち運ぶ必要もない仮想通貨ですが、現在多くの仮想通貨が発足しています。今回はその中のNEO(ネオ)についてです。

NEOとは中国発の仮想通貨で「中国版Ethereum(イーサリアム)」と呼ばれています。

へぇー。中国発の通貨なんですね

そのため、基本構造はイーサリアムと同じであり、スマートコントラクト機能を持っているのが特徴です。スマートコントラクト機能とは、ブロックチェーン内に契約を盛り込むことができるので、仲介が必要ない仕組みのことです。またNEOは以前、AntSharesという名前でしたが、2017年6月に名称が変更して今のNEOに変わりました。NEOはプラットフォームそのものを指し(通貨もNEO)、理念としては独自の技術を活かして、将来的に誰でも快適にNEO内で生活が完結する経済圏を目指しています。

イーサリアムに関しては以前説明しましたね。

例として、NEOの行なっている実装とは、

  • スマートコントラクト機能
  • ソーシャルネットワーキング
  • 資産登録
  • 証明書の発行
  • 知的財産取引
  • オーガーが持つ未来予測市場の機能 などが挙げられます。

これらは今まさに期待されており、もし実現すればと、その注目はマイクロソフトや中国の大企業アリババといった世界的企業が提携しているほどです。期待されている中国の仮想通貨です。

へぇー。仮想通貨で完結する生活圏ってなんだか面白そう♪
さらにNEOにはこんな特徴もあります。

開発環境の豊富さに定評がある!

具体的には他の仮想通貨とどう違うの?どっちがいいの?と思われている方に違いについて説明していきます。
NEOの最大の特徴とは、使えるプログラミング言語が豊富であることです。 というのも、イーサリアムの場合、Solidityのプログラミング言語を学ばないといけませんでした。

しかしながら、NEOの場合になると、NEOのフィルターを通すことでほぼすべてのプログラミング言語に対応する事ができると言われており、例えば、Microsoft.netJavaKotlnGoPythonなどの使用可能であり、イーサリアムに比べてドッと使う側の可能性が広がりますね。イーサリアムの場合だと、Solidity、Serpentのようなイーサリアム独自のプログラミング言語を用いるため、プログラムを書くのがなかなか難しいと言われることがあり、プログラムを書くのが難しいということは、作成したプログラムにバグが起きやすいことも意味します。

こうしたことで、問題も起きやすいという課題がありました。そこで、NEOの狙いとして、プログラミング言語を包括的に網羅することで、より多くの開発者の参加を期待していると思われます。また、仮想通貨のためのアプリケーションやアイデアであるスマートコントラクト、ソーシャルネットワーキング、分散型交換、予測市場は、だいたいがNEOのプラットフォームで実装可能だとも言われています。このように、開発者にとって、NEOの環境は幅が広く、またプログラミング言語が豊富であることで多くの人がNEOに着手しやすいと思われます。

たしかにプログラミング言語ってたくさんありますもんね…。それが1つの環境で開発できるなら人気があるのも納得です!!
さらにNEOは処理能力が高いことでも知られています。

処理能力が高い!

NEOは、DBFTと呼ばれる独自のコンセンサスアルゴリズムを持っていることもあるので、NEOブロックチェーンにおける処理速度の高さもその強みの一つです。
たとえば、ビットコインは1秒間に約7取引ビットコインにはSegwitが導入されていますが、現状Segwitは10%程度しか採用されていないこともあり処理速度はまだまだ遅いです。これに対してNEOは、1秒間に約1000取引という高い処理性能を持っています。また、NEOの最適化次第では、処理性能は1秒間に約10,000取引に達することも可能と言われています。これは世界最大の決済システムであるVISAシステムが、1秒間に約5000取引と言われており、それに勝る勢いのNEOも注目されている理由のひとつです。

つまり、将来的に決済分野のサービスにも使われる可能性がある!ってことですね?!
その通りです。
ネオにはデメリットは存在しないんですか?
おー。良い質問ですね!

メリットばかりに聞こえがちなNEOにもデメリットが存在するんですよ。

NEOのデメリットについて

NEOのデメリットとして知っていてほしいことは、NEO協議会が全体(1億NEO)のうちの50%のNEOを管理していることです。これはつまり、NEOの総発行枚数は1億NEOですが、その50%にあたる5000万NEOがNEO協議会に最初に分配されているということです。内容としては、この5000万NEOは、NEO協議会がNEOの開発や管理、保守といった、NEOそのもののサポートのために使われる分です。

NEOでは「DBFT」と呼ばれる投票制のコンセンサスアルゴリズムを採用していることで、NEO協議会が一定数保有しておくことでNEOを適切に管理する必要があることより、こういった仕組みがあると思われます。この仕組によって、現在のNEOの安定さが保たれているように思います。このNEO協議会保有の5000万NEOについては、できるだけ相場に大きな不安を与えないよう、使い道については計画が決められており、

・NEOディベロッパーとNEO協議会のメンバーを動機付けるために、1,000万トークン(合計10%)が使用されます
・NEOエコシステムの開発者を動機付けるために、1,000万トークン(合計10%)が使用されます
・NEO理事会が所有し、NEOプロジェクトにのみ使用される他のブロックチェーンプロジェクトへの投資には、1,500万トークン(合計15%)が使用されます
・1,500万トークン(合計15%)は不測の事態として保持される
・原則としてNEOの年間使用は1,500万トークンを超えてはならない

などと詳細に決められています。

いかがでしたでしょうか?意外と知られていNEO(ネオ)ですが、その特徴はとても革新的で、多くの企業が注目しています。今のうちに注目しておいてくださいね。

うーん。難しすぎてデメリットと言われていることが、デメリットと理解できなかったです…(;´-`)
今は頭の片隅に入れておくだけで良いでしょう。
でもでも、凄く機能的で使いやすい仮想通貨だってことは解りました♪
2018年はさらに注目されていくのではないかと予想しています。
ふーん。せんせ?
なんでしょ?
このNEO(ネオ)はどこの取引所で購入できるんですか?
NEO(ネオ)は日本の取引所では購入不可能でして…。中国の取引所BINANCE(バイナンス)なら購入できますよ。
バイナンス?
はい。いま世界的に大きなシェアを誇る仮想通貨取引所です。まだ口座をお持ちでないなら今のうちに作っておいて損はないと思いますよ。
先生がそう言うならさっそく作ってみよっかな♪
バイナンスでの口座開設は以下からどうぞ♪

バイナンス

仮想通貨はじめるなら絶対口座開設したい取引所

coincheck( コインチェック )

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番かんたんにビットコインが購入できることで定評のある coincheck( コインチェック ) 。日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一と名実ともに最大手。セキュリティ/補償の面でも、仮想通貨損害補償サービスをおこなっており、安心して取引できます。

bitFlyer( ビットフライヤー )

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer( ビットフライヤー ) は日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超/ユーザー数60万人/資本金41億に加えて、大手金融機関より暗号通信化技術を採用してしていますのでセキュリティレベルも非常に高く、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。補償額は国内最大の500万円となります。

Zaif( ザイフ )

Zaif( ザイフ ) のといえば手数料の安さというくらい、マイナス手数料を大々的に打ち出しており、これは取引をすればするほどプラスになっていくという、トレーダーにとっては最高の仕組みではないでしょうか。ここでしか購入できないトークンも多数あり、何を隠そうあのホリエモンが技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所でもあります。

-NEO(ネオ), 仮想通貨

Copyright© 仮想通貨まとめ , 2018 All Rights Reserved.