IOTA(アイオータ) 仮想通貨

仮想通貨IOTA(アイオータ)とは?仮想通貨IOTA(アイオータ)の特徴を説明します

更新日:

先生?アイオタ?ってどんな仮想通貨なんですか?
もしかしてIOTA(アイオータ)のことですか?
あっ、そのアイオータってやつです。
それでは今日は仮想通貨IOTA(アイオータ)について説明するので、よーく聞いておくんですよ。
はい!お願いします♪

仮想通貨IOTAの特徴

今話題になっている仮想通貨。世界中の著名人からビジネスマンまで、もう手に入れている人も増えてきていると思います。その流れに伴って、これから仮想通貨を始めよう!と考え始めた人、これから手に入れようと決めた人も多いのではないでしょうか?

うんうん♪

仮想通貨を得るにあたって、まず私たちはその仮想通貨を利用するかを決めなければなりません。仮想通貨の数は今も増え続けており、端的に選ぶことは難しいと思います。

どの仮想通貨が自分に合っていて使いやすいのだろうか…?と不安に思う方に、今回はIoTへの特化で注目されているIOTA(アイオータ)について紹介したいと思います。

IOTA(アイオータ)とはどんな仮想通貨?

少しだけ、仮想通貨の概念についてお話をすると、仮想通貨とは、「バーチャルなお金」と呼べます。つまり、端的にいうと、「データ上にあるお金」ということです。そして、バーチャルに保管してあることで、失うことはありません。失うリスクもなく、財布のように持ち運ぶ必要もない仮想通貨ですが、現在多くの仮想通貨が発足しています。今回はその中のIOTA(アイオータ)についてです。

まずIOTAを知っている人は、現在は少数派だと思われます。ですが、IoTの分野には欠かせないほどの役割を担ってくれるのもまたIOTAです。開発は2016年7月と、ごくごく最近できた仮想通貨のひとつです。PoW(プルーフ・オブ・ワーク)を採用しており、送金手数料が無料となっております。そして前述のとおり、IOTAは、プロトコル場でやり取りされるIoTに最適化されている暗号通貨のことになります。

せんせ?PoW(プルーフ・オブ・ワーク)ってなんですか?
PoW(プルーフ・オブ・ワーク)については、また別の回で詳しく説明します。

IoTとは、「モノがインターネットに接続されて情報交換をすることで相互に制御する仕組み」のことを言い、モノをインターネットに繋げて使っているものはすべてIoTの括りと言えるでしょう。そして普段我々は、これらのIoT関連を使う際に、インターネットの料金が発生しています。しかしながら、IOTA(イオタ)を使うことによって無駄な手数料が全て必要なくなり、ネット上の情報を得ることに躊躇する必要がなくなるということです。これからのネット社会に必要となる通貨ではないでしょうか。

IoTって最近よく聞くようになりましたね♪
スマートフォンやスマートウォッチが代表的な例ですね。

 

IOTAの独自技術Tangle(タングル)とは?

具体的には他の仮想通貨とどう違うの?どっちがいいの?と思われている方に違いについて説明していきます。
IOTA ではTangle(タングル)はIoTデバイス間のデータ通信や記録を最適化するために開発された技術を所有しています。こちらを利用して通信を行えば、IoTデバイス間の小さなデータの取引にかかる小さな額の取引の手数料を無料にし、コスト面の問題を解消することが可能となります。

また、ITOAでは一つの取引を行う際にPoW(プルーフ・オブ・ワーク)という方法で承認ができるので、不正や改ざんが無いか確認することでセキュリティ面の問題も安全です。このことで、IoT環境は改善されるという仕組みです。また、それだけでなく、Tangleの影響により、ブロックチェーンよりも早くそして多く処理が可能という側面もあります。

つまりIOTA(アイオータ)同士で繋がる未来もそう遠くはないってことですね。
その通りです。さらにIOTA(アイオータ)は手数料がかからないんです!

IOTA使えば手数料が無料に!

仮想通貨をどれにするか選択する際、手数料を気にする人もいると思います。IOTAなら、手数料は掛かりません。他の仮想通貨では掛かることがほとんどですが、IOTAでは掛からないのにはもちろん理由があります。

端的に言うと、マイニング(二重払いや不正を防ぐため、過去の取引履歴のデータの整合性を取りながら 取引の承認・確認作業を行うこと)が存在しないことで、採掘者グループへの報酬を支払わなくていいからです。他の仮想通貨、例えばビットコインのような仮想通貨はブロックの承認をするために莫大な計算力が必要で、それを提供してくれる採掘者グループの報酬として取引に手数料が支払う必要があり、手数料は必須でした。

その手間がIOTAにはないので、手数料無料化が可能になっているのです。IoTに特化しているIOTAだからこそ、これは非常に重要で革新的なことと言えます。

「無料」って言葉大好き(///ω///)
IOTA(アイオータ)ってどこで購入できるんですか?

IOTAの購入方法

IOTAを取り扱っている取引所は、残念ながら現在IOTAは日本の取引所では取り扱いをしておらず、現在取り扱っている取引所は『BINANCE』や『bitinex』になります。その理由として、まだ日本に上陸したばかりに仮想通貨であることから、取り扱っている取引所がないのは当然と言えます。

今後IoTの進歩から、おそらく今後日本でも注目されるはずなので、これから取り扱いを開始する取引所も出てくることでしょう。

IOTAの購入手順

  1. 日本の仮想通貨取引所に登録をしてビットコインかイーサリアムを購入
  2. 海外の仮想通貨取引所に登録
  3. 日本の取引所から海外の取引所にビットコインを送金して取引を開始

このような流れとなります。

日本の取引所でビットコインやイーサリアムを購入するなら「ビットフライヤー」、「コインチェック」がオススメです。

前回NEO(ネオ)の勉強をした時にバイナンスの口座は作っておいたので、ビットフライヤーかコインチェックからバイナンスに送金してIOTA(アイオータ)を購入すればいいってことですね♪
仮想通貨NEO(ネオ)とは?仮想通貨NEO(ネオ)の特徴を説明します

目次1 仮想通貨NEOの特徴2 NEO(ネオ)とはどんな仮想通貨?3 開発環境の豊富さに定評がある!4 処理能力が高い!5 NEOのデメリットについて 仮想通貨NEOの特徴 今話題になっている仮想通貨 ...

続きを見る

IOTAの将来性について

2016年から出来たIOTAですが日本に上陸してから爆発的に価値を上げていることより、今後は売りが殺到して一度価値を下げることになる可能性が高いです。これは変なことではなく仮想通貨業界では当然なので下がることは間違いありません。しかしながら、IOTAはブロックチェーンを超えるようなTangleやIoTへの特化などの技術を備えているため、今後このIOTAが注目されることは間違いないでしょう。

一度価値が下がったとしても、今後上がる可能性は高いため、投資する価値は十分にあると言えます。現在、ほとんどの日本人に知られていないIOTA、穴場と見るかどうかはあなた次第です。今後の値動きに注目しつつ、IOTAの価値の上昇に期待しましょう。
いかがでしたでしょうか?意外と知られていないIOTAですが、その特徴はとても先進的で、多くの人が注目しています。今のうちに注目しておいてくださいね。

IOTA(アイオータ)で繋がる未来ってなんだか面白そうですね^-^ 私も早速バイナンスでIOTA(アイオータ)を購入してみます♪
はい、くれぐれも仮想通貨への投資は余裕資金で行うんですよ!
はい!今日は有難うございました♪

仮想通貨はじめるなら絶対口座開設したい取引所

coincheck( コインチェック )

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番かんたんにビットコインが購入できることで定評のある coincheck( コインチェック ) 。日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一と名実ともに最大手。セキュリティ/補償の面でも、仮想通貨損害補償サービスをおこなっており、安心して取引できます。

bitFlyer( ビットフライヤー )

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer( ビットフライヤー ) は日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超/ユーザー数60万人/資本金41億に加えて、大手金融機関より暗号通信化技術を採用してしていますのでセキュリティレベルも非常に高く、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。補償額は国内最大の500万円となります。

Zaif( ザイフ )

Zaif( ザイフ ) のといえば手数料の安さというくらい、マイナス手数料を大々的に打ち出しており、これは取引をすればするほどプラスになっていくという、トレーダーにとっては最高の仕組みではないでしょうか。ここでしか購入できないトークンも多数あり、何を隠そうあのホリエモンが技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所でもあります。

-IOTA(アイオータ), 仮想通貨

Copyright© 仮想通貨まとめ , 2018 All Rights Reserved.