コインチェック

仮想通貨取引所<Coincheck(コインチェック)の特徴>コインチェックとはどんな取引所なのか?

更新日:

先生?最近よくコインチェックのCMを見かけるようになったんですが、コインチェックってどんな取引所なんですか?
あー。出川哲郎さんが出演されているCMですね。
そうそう。

では、今日は仮想通貨の取引所コインチェックについて解説するので、よーく聞いておくんですよ。

仮想通貨取引所<コインチェックの特徴>

今話題になっている仮想通貨。世界中の著名人からビジネスマンまで、もう手に入れている人も増えてきていると思います。その流れに伴って、「これから仮想通貨を始めよう!」と考え始めた人、「これから手に入れよう」と決めた人も多いのではないでしょうか?

仮想通貨を得るにあたって、まず私たちは仮想通貨取引所を決めて買わねばなりません。今現在、様々なアプリで買うことが可能です!
しかし、一体どの取引所がいいのだろうか…?と不安に思う方に、今回はその中でも日本一と言われている仮想通貨取引所の“Coincheck(コインチェック)”について紹介したいと思います。

まずは、コインチェックってどんな取引所なの?というところから見ていきましょう。

コインチェックとはどんな取引所?

少しだけ、仮想通貨の概念についてお話をすると、仮想通貨とは、「バーチャルなお金」と呼べます。つまり、端的にいうと、「データ上にあるお金」ということです。そして、バーチャルに保管してあることで、失うことはありません。失うリスクもなく、財布のように持ち運ぶ必要もない仮想通貨ですが、こちらを得るためには取引所を介する必要があります。

その取引所の主なひとつが、コインチェックです。

コインチェックは東京の渋谷に本社を置く会社で、従業員数は71名と小規模に思えるかもしれませんが仮想通貨取引所業界では最多級の規模になります。また、新しい会社のように思えるかもしれませんが、前身はレジュプレスという記事投稿サイトの運営会社でした。その会社では「storys.jp」などの記事投稿サイトを行なっていましたが、2014年から仮想通貨取引所をメインに移行しています。今ではコインチェックは現在日本最大に入る取引所のひとつとなっているので、今後も特化されていくと思われます。

storys.jp、知ってる♪たまーに見てました。
では、次にコインチェックが国内最大手と言われる所以を見ていきましょう。

コインチェックは国内最大手の取引所!

仮想通貨を得る際にデメリットとして、取引所の選別に注意が必要ということがひとつあります。まだ世界が広まりつつある中で、十分な規制やルールが定まっていないので、マイナーな取引所や新しい取引所を選坊とする場合などは注意しなければなりません。
しかし、コインチェックは国内最大手の取引所のひとつで、信頼と実績があります。
取引高に関して、月間取引高が一番高いのが常にコインチェックです。次に多いのがビットフライヤーでザイフ、Quoineと続いていきます。

へぇー。取引高が1番多いんですね♪

しかし、出来高(仮想通貨にて取引した合計の金額)において仮想通貨の出来高が最も高い取引所はビットフライヤーになります。

なぜ月間取引高に関してコインチェックが最も高いのに、なぜ出来高に関してビットフライヤーなのでしょうか?それは、「レバレッジ」といって、はじめに取引会社に自分のお金を証拠金として預け入れることにより、証拠金の数倍~数百倍の金額で取引できるレバレッジを多く欠けているので、出来高に差が生じているのです。なので、純粋な取引と出来高をみると、コインチェックの信頼度が高いといえるでしょう。
ただ随時取引高や出来高は更新されていくものなので、チェックしていきましょう。

やっぱり、利用者が多い取引所の方が安心できますね♪
次に、コインチェックがなぜ取引高で一番なのか!その人気の理由に迫ります。

取引仮想通貨数の多さがダントツ

コインチェックの最も顕著な特徴として挙げられるのが取引通貨数です。現在最も有名なビットコインに加え、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)を12種類取り扱っていて、合計で13種類の仮想通貨を取り扱っています。
その13種類とは、

取扱い仮想通貨

  • ビットコイン (Bitcoin/BTC)
  • ビットコインキャッシュ (Bitcoin Cash/BCH)
  • イーサリアム (Ethereum/ETH)
  • イーサリアムクラシック (Ethereum classic/ETC)
  • ファクトム (Factom/FCT)
  • リップル (Ripple/XRP)
  • ダッシュ (Dash/DASH)
  • ライトコイン (Litecoin/LTC)
  • ネム (NEM/XEM)
  • モネロ (Monero/XMR)
  • オーガー (Augur/REP)
  • ジーキャッシュ (Zcash/ZEC)
  • リスク (Lisk/LSK)

他の取引所の平均が4種類ほどとなっているので、コインチェックの扱い量の多さに驚くはずです。多くの通貨を揃えていることによって、今後他の通貨の価格が上昇した際も対応ができるという利点があります。もし、「他の通貨がほしい。」、「他の通貨が上昇したときに取引所がないのは困るかな。」などと思う人には、コインチェックがおすすめです。

へぇー!聞いたことない仮想通貨ばかりです…。これらの通貨にも価値が付いてるんですか?
もちろんです。中には1年で50倍近く価格が上がった通貨もあるんですよ!
1年で50倍!!??
そうなんです。コインチェックはこれからも取扱い通貨を増やすでしょうね。
それともう1つ!コインチェックはこんな特徴もあるんです。

コインチェックは使いやすい!

いざ「取引所をコインチェックにしよう…!」と思っても、使い方や操作に不安を抱いてしまってはいませんか?しかしながら、コインチェックはユーザービリティを駆使した使いやすいサイトです。初心者でも簡単に取引を行えるでしょう。

コインチェックの補償制度

また、仮想通貨はバーチャルなお金だと説明しました。しかし、その上で私たちはPWなどそういったログイン情報の管理に十分に気をつけなければなりません。

ハッキングなど、不安になることもあるかもしれませんが、コインチェックなら、「不正ログイン損失補償サービス」を導入しています。この補償サービスは、「悪意ある第三者が不正にユーザーアカウントにログインした際に資産が紛失した場合の補償」となっており、もし損害があったとしても、ある程度の額をコインチェックが補償するというものです。

補償内容

  • 不正ログインの損害を補償
  • 補償対象は二段階認証が必須
  • 1回の請求で最大100万円までの補償

このように、保証に関しては前提条件が二段階認証になるので、口座の開設後は必ず認証を設定することをお勧めします。
この補償金額や、対応のよさは、他の取引所に比べて整っているので、取引所の選択の際はぜひこういった点も注目してみてくださいね。

補償があるのは有難いですね。初心者にやさしい取引所は安心できます^-^

コインチェックは決済まで使える

現在の生活について、電気代・ガス代・携帯代etc..すべて別々の決済方法、または銀行引き落としなどで行なっていて、月末は少しバタバタになっていることはありませんか?
仮想通貨が広まっていく中で、そういった面倒なことは今後減っていくかもしれません。
コインチェックでは、現在、ビットコイン決済サービス「coincheck payment」の提供を始めています。webサイトや実店舗でビットコインでの決済を可能にするサービスのひとつがこちらです。従来なら、多くの人がクレジットカード決済や銀行振込みで対応をしていたと思いますが、それがこれからは商品の代金をビットコインで支払うことができるようになります。また、大型店舗でなくても個人店でも使えるようになる見込みです。

言われてみれば、最近ビットコインを使えるお店って増えてますもんね。

決済サービスはECや実店舗だけでなく、ビットコインで電気代を支払えるサービス「coincheckでんき」もコインチェックでは提供が始まっています。電気料金を支払うだけで数%のビットコインがもらえることや、それだけでなく電気料金をビットコインで支払いうことで割引が受けられるサービスです。これによって、更に生活が便利になることでしょう。

電気代の支払いでビットコインがもらえるんだぁ♪
先生も、先日「coincheckでんき」申し込んでみました。

いかがでしたでしょうか?国内最大手と言っても過言ではないコインチェック。仮想通貨の取引所を決める際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

はい。はじめて仮想通貨の取引をするならコインチェックを利用するのが良さそうですね。私もさっそく口座開設してみようかなぁ^-^
そうですね。私もコインチェックを実際に利用していますよ♪ 口座の開設方法については以下で説明していますので、もし良かったら覗いてみてください。
Coincheck( コインチェック )の口座開設方法

coincheck( コインチェック ) とは? 日本国内で最も仮想通貨取引量が多く、扱っている仮想通貨の種類も最多な取引所。 coincheck( コインチェック ) でのみ扱っている仮想通貨が多い ...

続きを見る

coincheck( コインチェック )

 

 ビットコイン取引高 日本一

 手数料  0%
 信用取引レバレッジ  最大5倍

日本国内で最も仮想通貨取引量が多く、扱っている仮想通貨の種類も最多 coincheck( コインチェック ) でのみ扱っている仮想通貨が多いのも魅力の1つとなっております。セキュリティ面での評価も高く、万が一不正ログインによる被害にあった場合でも、最大100万円の補償サポートも備えています。数ある仮想通貨取引所の中でも、これから仮想通貨を始める方にもっともおすすめできる最大手の取引所といえます。

 取り扱い仮想通貨 国内最多 

 取り扱い仮想通貨数  13
 通貨  BTC/ETH/ETC/LSK/FCT/XMR/REP/
XRP/ZEC/XEM/LTC/DASH/BCH

基本的にどの取引所も銀行振込がメインの中、 coincheck( コインチェック ) では、あらゆる仮想通貨がクレジットカードで購入できますので、売買のタイミングを逃すことがなくなります。カード購入手数料を差し引いてもタイムリーに売買したいときに選択肢の1つとして便利です。

 

仮想通貨はじめるなら絶対口座開設したい取引所

coincheck( コインチェック )

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番かんたんにビットコインが購入できることで定評のある coincheck( コインチェック ) 。日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一と名実ともに最大手。セキュリティ/補償の面でも、仮想通貨損害補償サービスをおこなっており、安心して取引できます。

bitFlyer( ビットフライヤー )

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer( ビットフライヤー ) は日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超/ユーザー数60万人/資本金41億に加えて、大手金融機関より暗号通信化技術を採用してしていますのでセキュリティレベルも非常に高く、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。補償額は国内最大の500万円となります。

Zaif( ザイフ )

Zaif( ザイフ ) のといえば手数料の安さというくらい、マイナス手数料を大々的に打ち出しており、これは取引をすればするほどプラスになっていくという、トレーダーにとっては最高の仕組みではないでしょうか。ここでしか購入できないトークンも多数あり、何を隠そうあのホリエモンが技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所でもあります。

-コインチェック

Copyright© 仮想通貨まとめ , 2018 All Rights Reserved.