ビットフライヤー

仮想通貨取引所<bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴>ビットフライヤーとはどんな取引所なのか?

更新日:

先生?CMでやってるビットフライヤーってどんな取引所なんですか?
あー。成海璃子さんが出演されているCMですね。
そうです。

では、今日は仮想通貨の取引所ビットフライヤーについて解説するので、よーく聞いておくんですよ。

仮想通貨取引所<bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴>

今話題になっている仮想通貨。世界中の著名人からビジネスマンまで、もう手に入れている人も増えてきていると思います。その流れに伴って、「これから仮想通貨を始めよう!」と考え始めた人、「これから手に入れよう」と決めた人も多いのではないでしょうか?
仮想通貨を得るにあたって、まず私たちは仮想通貨取引所を決めて買わねばなりません。今現在、様々なアプリで買うことが可能です!
しかし、一体どの取引所がいいのだろうか…?と不安に思う方に、今回はその中でも日本で三大仮想通貨取引所のひとつ言われている仮想通貨取引所の“ビットフライヤー”について紹介したいと思います。

まずは、ビットフライヤーってどんな取引所なの?というところから見ていきましょう。

ビットフライヤーとはどんな取引所?

少しだけ、仮想通貨の概念についてお話をすると、仮想通貨とは、「バーチャルなお金」と呼べます。つまり、端的にいうと、「データ上にあるお金」ということです。そして、バーチャルに保管してあることで、失うことはありません。失うリスクもなく、財布のように持ち運ぶ必要もない仮想通貨ですが、こちらを得るためには取引所を介する必要があります。

その取引所の主なひとつが、ビットフライヤーです。

ビットフライヤーは東京の港区赤坂に本社を置く会社で、従業員数は100名以下と現在はそれほど多くはありませんが、日々求人を出しており、今後ますます人員の増加が見込める会社です。ビットフライヤーは2014年の5月から取引所サービスを開始し、また、2017年8月の状況だと、「仮想通貨取引量」・「ユーザー数」が日本一になっています。仮想通貨が軌道に乗る前からサービスを開始しているのも注目ですね!また、それだけだはなく、ビットフライヤー代表の加納裕三氏は日本ブロックチェーン協会(JBA)の代表理事も勤めています。ビットフライヤー独自のサービスも展開しており、今後ますます展開が望まれるビットフライヤーの進展に期待です!

ビットフライヤーってそんなに昔からあったんですね。
では、次にビットフライヤーが国内最大手と言われる所以を見ていきましょう。

ビットフライヤーは資産と大企業からの出資がすごい!

はじめて仮想通貨の利用を考えている方がまず不安を抱く点として挙げられるのは「信頼できる取引所なのか?」ということではないでしょうか?そんな不安を抱いている初心者の方に、ビットフライヤーはおすすめです。

ビットフライヤーに出資している大企業

  • VENTURE LABO
  • SBI
  • RECRUIT
  • Dentsu Digital Holdings
  • 三菱UFJキャピタル株式会社
  • 三井住友海上キャピタル株式会社
  • Quick
  • DIGTAL CURRENCY GROUP
  • IF incubateFund
  • GMO

などと、大手のGMOなどをはじめとした大企業から出資調達をしており、強固な資本体制を築いているといえるでしょう。このような大企業から資本を調達できることは、ビットフライヤーの信頼度が高いということが明白です。信頼度の高さならビットフライヤーでしょう。

資本金が大きいと安心できますよね。
続いて、ビットフライヤーで取り扱っている仮想通貨を見ていきましょう。

取引仮想通貨は世界的有名通貨!

ビットフライヤーが扱っている仮想通貨は、世界でも信頼度が高く、取引高も上位に入っている主要な通貨です。

取扱い通貨

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • ラットコイン
  • ビットコインキャッシュ

「聞いたことある!」という通貨も多いのではないでしょうか?ビットフライヤーが現在扱っているコインは、コインチェック(仮想通貨取引所のひとつ)などに比べると少ないほうかもしれません。しかし世界中で多く取引されている通貨に的を絞って扱っていることで、初心者や中級者の人にとっては通貨を選びやすいのではないでしょうか?

信頼性の高いビットフライヤーで、主要と言われている通貨を選択する方法も賢明でしょう。

これから増える可能性はあるんですか?
そうですね。徐々に増えてきているので、これからも増え続けるでしょうね。

2017年秋には国内初のアメリカ取引所と契約も!

2017年秋に米国(アメリカ)で取引を行うことが決まり、すでに34州で事業許可を有しており、これから更に取引所としての幅を広げていくものと思われます。また、国内の仮想通貨取引所で海外で事業を展開するのは国内初と言われており、今後の展開が期待されている取引所のひとつです!

そして、日本の取引所が国外展開を開始できた理由として挙げられるのが、アメリカでは既に仮想通貨を利用している人が日本よりも多く、またアメリカの取引所には既に破綻していることも多くあり、信頼性が欠けている部分があります。そこで、日本大手の仮想通貨取引所ビットフライヤーが進出することで、アメリカにとっても、メリットがあると考えられます。近年の、アメリカ国民も「安全に取引を行いたい。」や「信頼できる取引所を見つけたい。」という意識から、このビットフライヤーが選ばれたのではないでしょうか。

アメリカにも進出してるんですね。
仮想通貨はグローバルな通貨として、徐々に認識されはじめてきているので、海外進出は賢明な選択だと思います。

ビットフライヤーの信頼のおける補償サービス

仮想通貨取引所を利用する際にあたって、気にしておきたいのが補償の部分ですよね。特に初めての利用や慣れない人なら尚さらです。何かあってからだと戸惑うこともあると思いますので、取引所の利用の際は、補償の部分もしっかりチェックしておきましょう。

ビットフライヤーの補償の例として挙げられるのが以下の例です。

補償内容

  • メールアドレス・PW等のハッキングなどのトラブルによる不正出勤の損害補填
  • 預り金100万円以上なら500万円まで補償
  • 預かり金が100万円以内なら10万円まで補償
  • 三井住友海上との保険サービス提携

最後の三井住友海上とのサービスを行ったことにより、紛失した際は三井住友海上を介して、保険料が支払われることになります。誰もが知っている三井住友海上との連携サービスによって更に信頼が持てることでしょう。ただし、これらの補償サービスを利用できる条件として、「2段階認証を行っておくこと」が前提となります。簡単にできる設定ですので、必ずしておきましょう!

補償があるのは有難いですね。初心者にやさしい取引所は安心できます^-^

ビットフライヤーの注目したい独自のサービス

ビットフライヤーでは、他にない独自の決済サービスを行っています。そのひとつが独自決済サービスの「bitWire」というものです。簡単に言うと、「bitwire」はメールアドレスを指定するだけでビットコインの送付ができるサービスです。通常ならば、ビットコインを送る際は「ビットコインアドレス」を入力して送付する必要がありますが、bitwireを用いることで、メールアドレスを使用してビットコインを送ることができます。他の取引所に比べて負担が少ないですね!

また他にもビットフライヤーは「bitWire SHOP」というサービスを展開しています。この「bitWire SHOP」とは店舗やwebサイトでビットコイン決済を可能にするサービスのことです。現在もビットコインでの通販が広まりつつあると思いますが、それに先立ってビットフライヤーでは、独自でビットコインで通販ができるシステムを取り入れているのです。使い方としては、専用の端末を導入することで、まるでクレジットカードのように手軽にビットコインで支払いができるようになるサービスです。また魅力的なのが、導入にあたっての初期費用や月額費用がなんと無料で、決済時に店舗側が支払う手数料も1%なので、クレジットカードよりも決済にかかる費用を大幅に抑えて買い物が可能です。もう仮想通貨で暮らしていきたくなるほどに、取引所のサービスも日々進化していっていますね。

言われてみれば、最近ビットコインを使えるお店って増えてますもんね。
大手ビックカメラも、このサービスを利用しているんですよ♪

いかがでしたでしょうか?様々な取り組みに力を入れているビットフライヤー。仮想通貨の取引所を決める際は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

はい。はじめて仮想通貨の取引をするならビットフライヤーを利用するのが良さそうですね。私もさっそく口座開設してみようかなぁ^-^
そうですね。私もビットフライヤーを実際に利用していますよ♪ 口座の開設方法についてはまた別で説明しますね
はい♪今日は有難うございました。

 

bitFlyer( ビットフライヤー )

 

 レバレッジが最大15倍

 手数料  0.01%~
 信用取引レバレッジ  最大15倍

bitFlyer( ビットフライヤー ) では、現物取引だけでなく信用取引ができ、レバレッジは最大15倍となっております。少ない資金で大きな取引ができるということだけでなく、売りから入る取引も可能なので、相場の下落局面でも利益を出すことができます。高機能リアルタイムチャートを搭載しておりますので、投機目的等、本格的なトレーダーにも間違いなく1番おすすめできる取引所といえます。

 資金力を裏付けとした安心感 

 取り扱い仮想通貨数  5
 通貨  BTC/ETH/LTC/BCH/MONA

取引所を見る際に見るべきポイントの1つとして、セキュリティ面が最重要ですが、bitFlyer( ビットフライヤー ) では二段階認証や補償サービスなど、個人の注意が及ばなかった場合でも私たちの資産を守ってくれます。資産総額が100万円を超える二段階認証ユーザーへの補償額は国内最大の500万円にもなります。

仮想通貨はじめるなら絶対口座開設したい取引所

coincheck( コインチェック )

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番かんたんにビットコインが購入できることで定評のある coincheck( コインチェック ) 。日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一と名実ともに最大手。セキュリティ/補償の面でも、仮想通貨損害補償サービスをおこなっており、安心して取引できます。

bitFlyer( ビットフライヤー )

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer( ビットフライヤー ) は日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超/ユーザー数60万人/資本金41億に加えて、大手金融機関より暗号通信化技術を採用してしていますのでセキュリティレベルも非常に高く、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。補償額は国内最大の500万円となります。

Zaif( ザイフ )

Zaif( ザイフ ) のといえば手数料の安さというくらい、マイナス手数料を大々的に打ち出しており、これは取引をすればするほどプラスになっていくという、トレーダーにとっては最高の仕組みではないでしょうか。ここでしか購入できないトークンも多数あり、何を隠そうあのホリエモンが技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所でもあります。

-ビットフライヤー

Copyright© 仮想通貨まとめ , 2018 All Rights Reserved.