ビットコイン 仮想通貨

ビットコイン VS 金( ゴールド )

投稿日:

ビットコインと金( ゴールド )は、よく似ていると言われており、ことあるごとにその比較が話題にあがることが多いので、この機会に相違点をまとめてみました。

まず、似てる点ですが、

① ビットコインも金( ゴールド )も 政府の政策の影響や、 一国による規制は受けにくい性質 があります。それは、政府が発行している通貨ではない為に基本的に金融緩和政策などを行う事ができないんですね。そうして政府の政策の影響を受けにくいため 「現行通貨の避難先」 として扱われている点は、金( ゴールド )と同じですね。

② ビットコインも金( ゴールド )も 採掘量に上限があり、有限 です。ただ、発行量が同じとはいえ、ここには決定的な違いがあり、金( ゴールド )はそのもの自体に魅力があり、地球上に多くは存在しないことでの希少性、人々を圧倒する煌きがはるか昔より装飾品に使われていますし、ステータスを示すための代表格ですね。そういった背景もあり、今までも、そしてこれからも価値がついていくのは間違いありません。それだけ価値があるものなので、 通貨としての一面ももっている わけなんです。

③ ビットコインも金( ゴールド )も 採掘によって発見 されます。かたやツルハシ、かたや高性能コンピューターと、違いはあれど、ビットコインを発見していく作業は金( ゴールド )の「採掘」にかけて 「マイニング( 採掘 )」 と呼ばれていますね。

 

マイニングとは?

採掘( マイニング )とは新たなブロックを生成し、その報酬としてビットコインを手に入れる行為のことです。技術的には数学的な計算を繰り返し、特定の条件を満たす解を見つけるという行為であり、たくさんのハードウェアと電気代が必要になります。またこの行為がビットコインネットワークを安全に保つための源泉となっておりビットコインが自己完結的であるための重要な仕組みでもあります。

と、ここまでがビットコインと金( ゴールド )の似ている点となりますが、異なる部分はというと...

ビットコインは金( ゴールド )と違い、もとから地球上に存在しているものではなく、 通貨として使用する目的のために人工的に作られたもの になります。もともと決済用として作られているので、金( ゴールド )と決定的に違うのは 流通性が格段に高い という事ですね。

② 金( ゴールド )とビットコインの違いは、モノとして存在しているかどうかというのが何よりですね。データにより作成されたいわばヴァーチャルな仮想通貨なので、 脆弱性をつかれてしまう可能性がゼロではない ということもありますが、そのかわりにモノである 「金」と比べると様々な利便性が高い という一面もあります。

③ 先ほど述べました「ビットコインはモノではない」ことで、金( ゴールド )と違い、最小単位を1satoshi( 0.00000001BTC )まで 細分化することができます。 価値がこのまま上がり続けてもビットコインを細かくすればいいだけなので、決済という観点からみるととても優れています。

④ よくも悪くもビットコインはデータで作成されていることから、 システム変更が可能 です。似ているという点で、どちらも発行量に上限があると書きましたので、少々矛盾になってしまいますが、ビットコインの発行量というものは決められているだけで、その気になれば変更は可能は可能です。金( ゴールド )は希少なものなのでそういうわけにはいかないですね。

と、以上がビットコインと金( ゴールド )の異なる点としてあげられます。

国境を超えて使え、中央機関に依存することもなく、手数料をかけずに送金できるという今までのお金に対する概念を覆すような機能を兼ね備えています。この人工的に作られたものということは、どんなに複雑な技術を用いていても、結局は誰かが作ったということであり、金( ゴールド )と違い、ビットコインと 同じようなものはいくらでも他の者も作れる ということです。

1番有名な仮想通貨は何かと聞かれれば、今もなおビットコインとの答えが返ってくると思いますが、正直なところ、 ビットコインよりも機能性が高いコインは次から次へと出てきている のが現実です。

これが例えば家電であれば、より機能性の高いコインを使えばって話になるんですが、仮想通貨の場合はそんな簡単な話ではなく、皆がビットコインを使っているからという 信頼やブランド力も大事 になってきたりもします。

それって、iPhoneも似てるとこありますよね。iPhoneよりも機能性が高いものはどんどん出てきているはずなのに、iPhone以外は考えたこともないって方たくさんいると思うんです。はい、私です。笑

ただ、機能性が高いものが続々と出ている中で戦い続けるって、それなりの危うさはありますね...チャートを見る限りでは、 まだまだビットコインの伸びは予想できますし、ここからさらに勢いを増すんじゃないかって気さえします。

何かしらのきっかけで大きなマイナス要因が出てきた際に、そのきっかけで他のより機能性の高い安全なコインに流動してしまったとしたら...。

投資はなによりも 生き残ることが大事 ですし、もっといえば、利益確定させていない段階では純粋な利益とも言えないので、市場に参加している間は常に危機感を持っておいたほうがいいと思います。

以上、「ビットコイン VS 金( ゴールド )」でした!

 

 

仮想通貨はじめるなら絶対口座開設したい取引所

coincheck( コインチェック )

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番かんたんにビットコインが購入できることで定評のある coincheck( コインチェック ) 。日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一と名実ともに最大手。セキュリティ/補償の面でも、仮想通貨損害補償サービスをおこなっており、安心して取引できます。

bitFlyer( ビットフライヤー )

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer( ビットフライヤー ) は日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超/ユーザー数60万人/資本金41億に加えて、大手金融機関より暗号通信化技術を採用してしていますのでセキュリティレベルも非常に高く、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。補償額は国内最大の500万円となります。

Zaif( ザイフ )

Zaif( ザイフ ) のといえば手数料の安さというくらい、マイナス手数料を大々的に打ち出しており、これは取引をすればするほどプラスになっていくという、トレーダーにとっては最高の仕組みではないでしょうか。ここでしか購入できないトークンも多数あり、何を隠そうあのホリエモンが技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所でもあります。

-ビットコイン, 仮想通貨

Copyright© 1000万を元手に仮想通貨で億り人を目指すブログ , 2018 All Rights Reserved.