ビットコイン 仮想通貨

ビットコインってどこで購入できるの?ビットコインの買い方を教えて?ビットコインの購入方法を説明します

更新日:

ビットコインってどこで購入できるの?ビットコインの買い方を教えて?ビットコインの購入方法を徹底解説

先生?そもそもビットコインってどこで購入できるんですか?
おや。では、今日は仮想通貨とはなんなのかを説明しますね。

巷でよく耳にする 「ビットコイン」「仮想通貨」 といった言葉。仮想通貨時代の幕開けやら、2017年は仮想通貨元年だなんても言われています。このように、ニュースでよく取り上げられてはいるものの、

  • ビットコインってどこで購入できるの?
  • 興味はあっても買い方が解らない

って方がほとんどかと思います。

以前は、株式や投資信託などが資産運用をする上で一般的でしたが、これからの時代は仮想通貨での資産運用が主流になるのは間違いないと言われております。

 

2017年11月時点でのビットコイン価格は、日本円にしておよそ87万円。
8年前が、0.07円だったことを考えると、実に 12428倍...

 

実際にビットコインを取引開始時から1万円持ち続けていれば、2017年11月時点で1242億8000万円にまでなっている計算になります。

1242億8000万円??!!

それでも、まだまだこんなもんじゃないと専門家は口を揃えて言います。そんな、世紀のビックチャンスを目の前にして、指をくわえて見ているだけでいいのでしょうか?

ビットコインをはじめとする仮想通貨、市場規模が小さい仮想通貨ほど、取引が開始された時に多くを所有していれば価格が上がった時に、元手の何十...何百倍もの利益を得ることができるので、誰にでも平等に億万長者になるチャンスは転がっています。

今からでも遅くありません。それどころか、2017年が仮想通貨元年ですから、これから始まる仮想通貨の時代です。そこで今回は、ビットコインをはじめとした仮想通貨を購入できる取引所を紹介したいと思います。

 

ビットコインを購入する方法は?

 

自分で掘り当てるから、誰かから貰うなどビットコインの入手方法はいくつかありますが、もっとも現実的でもっともポピュラーな

[ 取引所や販売所で購入する ]

ことに焦点を当ててみましょう。

ビットコインの買い方

まずは仮想通貨取引所にてアカウントを作り口座の開設をします
 ▼
次に、ビットコインを購入するために日本円を入金します
 ▼
入金された資金を元に実際に注文を出します。

 

ビットコインを買うまでの流れはざっとこんな感じですので、とても簡単なんです。
ビットコインの買い方って意外と単純なんですね。
でも、どうやって日本円を入金したら良いんですか?

 

日本円の入金方法は?

 

入金方法

① インターネットバンキングで入金する
② クレジットカードで入金する
③ 銀行のATMから入金する
④ コンビニから入金する

などがあり、なかでもクレジットカードで購入できるのは、売買のタイミングを逃すことがなくなります。カード購入手数料を差し引いてもタイムリーに売買したいときに選択肢の1つとして便利です。

ビットコインってクレジットカードでも購入できるんだ?!
でも、そもそもビットコインっていくらから購入できるんですか?

 

ビットコインはいくらから購入できるの?

1BTC(ビットコインの単位)=〇〇円と表示されますが、1BTCからしか購入できないわけではありません。

 

ビットコインは最低0.00000001BTCから購入可能ですので、1BTC=70万円だったとすると、0.00000001BTC=0.007円。

ただ、現代日本では、円の下がありませんので、「ビットコインはいくらから買えるのか?」に対する回答としては、「1円から」となります。

とはいえ、元手が少なければリターンも少ないので、資産運用という意味で投資するのであれば、最低でも数千円から始めるのが良いかと思います。

ビットコインって1円からでも購入できるんだ?!知らなかったぁ…

 

仮想通貨取引所とは?

 

仮想通貨を売買する場

仮想通貨取引所とは、ビットコインをはじめとする「仮想通貨」を買いたい人と売りたい人が集まって取引をする場です。場といってもどこかに実店舗があるわけでなく、ネット上の各仮想通貨取引所のサイトにて取引が行われます。売りたい値段・買いたい値段が一致した場合にのみ取引が成立すること、仮想通貨のやり取りはユーザー間で行われることが取引所の特徴です。

一概に仮想通貨取引所といっても、日本国内だけでも多くの会社が運営しており、何を基準に取引所を選べば良いのか...主なポイントは会社の安全性/セキュリティ/取引の種類/取扱商品の豊富さ/手数料/使いやすさの6つといえます。

そこで、国内すべての仮想通貨取引所をポイントごとに比較し、その中でも自信を持っておすすめできる仮想通貨取引所を3社ご紹介します。

 

コインチェック・ビットフライヤー・ザイフ…
3社の中でどの取引所がオススメなんですか?

 

取引所はどうやって選べばいいの?

海外の取引所を除いた国内の取引所のみでも、今や数十の取引所が存在すると言われていますが、海外取引所では表記が全て英語であったりと上級者向けとなってしまいますので、まずは日本国内の取引所でビットコインを購入することをおすすめします。

国内の取引所の中でも、最大手とされ他の追随を許さない3社が先ほど紹介した coincheck( コインチェック ) bitFlyer( ビットフライヤー ) Zaif( ザイフ ) です。取引所にアカウントを持っていないのであれば迷わず開きたいのがこの3社です。

 

coincheck( コインチェック )

 

 ビットコイン取引高 日本一

 手数料  0%
 信用取引レバレッジ  最大5倍

日本国内で最も仮想通貨取引量が多く、扱っている仮想通貨の種類も最多 coincheck( コインチェック ) でのみ扱っている仮想通貨が多いのも魅力の1つとなっております。セキュリティ面での評価も高く、万が一不正ログインによる被害にあった場合でも、最大100万円の補償サポートも備えています。数ある仮想通貨取引所の中でも、これから仮想通貨を始める方にもっともおすすめできる最大手の取引所といえます。

 取り扱い仮想通貨 国内最多 

 取り扱い仮想通貨数  13
 通貨  BTC/ETH/ETC/LSK/FCT/XMR/REP/
XRP/ZEC/XEM/LTC/DASH/BCH

基本的にどの取引所も銀行振込がメインの中、 coincheck( コインチェック ) では、あらゆる仮想通貨がクレジットカードで購入できますので、売買のタイミングを逃すことがなくなります。カード購入手数料を差し引いてもタイムリーに売買したいときに選択肢の1つとして便利です。

bitFlyer( ビットフライヤー )

 

 レバレッジが最大15倍

 手数料  0.01%~
 信用取引レバレッジ  最大15倍

bitFlyer( ビットフライヤー ) では、現物取引だけでなく信用取引ができ、レバレッジは最大15倍となっております。少ない資金で大きな取引ができるということだけでなく、売りから入る取引も可能なので、相場の下落局面でも利益を出すことができます。高機能リアルタイムチャートを搭載しておりますので、投機目的等、本格的なトレーダーにも間違いなく1番おすすめできる取引所といえます。

 資金力を裏付けとした安心感 

 取り扱い仮想通貨数  5
 通貨  BTC/ETH/LTC/BCH/MONA

取引所を見る際に見るべきポイントの1つとして、セキュリティ面が最重要ですが、bitFlyer( ビットフライヤー ) では二段階認証や補償サービスなど、個人の注意が及ばなかった場合でも私たちの資産を守ってくれます。資産総額が100万円を超える二段階認証ユーザーへの補償額は国内最大の500万円にもなります。

Zaif( ザイフ )

 

 取引額の0.01%を還元

 手数料  -0.01%
 信用取引レバレッジ  最大7.77倍

ビットコインの注文において日本国内で唯一、取引手数料マイナスのサービスをとっているZaif( ザイフ ) 。他の取引所が手数料無料であるのに対し、取引をするたびに取引額の0.01%を還元してもらえるということは大変魅力的です。また、他の取引所では取り扱っていない通貨やトークンを多く扱っているため、幅広く投資をしたいのであれば必須の取引所といえます。

 手数料( ボーナス )が貰える 

 取り扱い仮想通貨数  5
 通貨  BTC/XEM/MONA/BCH/ETH

損が膨らみ、当初担保として預けていた分から、さらに追加で担保金の請求 が行われることを追証といいますが、Zaif( ザイフ ) の信用取引では、この追証がありません。ようするに、大きな損失が出てしまっても、もともといれていた金額以上の損失は発生しないということですので、Zaif( ザイフ ) の信用取引であればリスクを最小限にまで抑えることができます。

 

と、こちらの3社、最大手というだけあってどの取引所にもそれぞれの魅力があります。

どれか1つを選ばないといけないというものでもなく、どの取引所も無料で登録できますので、ひとまずこちらの3社すべて口座開設することをおすすめします。

へぇ♪3社ともそれぞれ特徴があるんですね。
3社とも口座開設料が無料なら今すぐ作っちゃおっかな♪

仮想通貨元年と言われている2017年。これからも、世界中で普及していくと思われるビットコイン。株やFXの投資家も徐々に参入し始めていて、日本のBitcoin為替市場は現在、世界のBitcoin為替市場シェアの41%以上を保持しており、米国は30.6%だという説もあります。

投資家のみならず、一般の層まで浸透すれば日常の生活において通貨そのものとして当たり前に使われる日も、そんなに遠くはないかも知れません。これからもビットコインの動向から目が離せません。

まずは口座を開設してビットコインデビューしてみます^-^
今日は有難うございました♪

仮想通貨はじめるなら絶対口座開設したい取引所

coincheck( コインチェック )

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番かんたんにビットコインが購入できることで定評のある coincheck( コインチェック ) 。日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一と名実ともに最大手。セキュリティ/補償の面でも、仮想通貨損害補償サービスをおこなっており、安心して取引できます。

bitFlyer( ビットフライヤー )

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer( ビットフライヤー ) は日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超/ユーザー数60万人/資本金41億に加えて、大手金融機関より暗号通信化技術を採用してしていますのでセキュリティレベルも非常に高く、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。補償額は国内最大の500万円となります。

Zaif( ザイフ )

Zaif( ザイフ ) のといえば手数料の安さというくらい、マイナス手数料を大々的に打ち出しており、これは取引をすればするほどプラスになっていくという、トレーダーにとっては最高の仕組みではないでしょうか。ここでしか購入できないトークンも多数あり、何を隠そうあのホリエモンが技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所でもあります。

-ビットコイン, 仮想通貨

Copyright© 仮想通貨まとめ , 2018 All Rights Reserved.