ビットコイン

ビットコインの分裂で資産倍増計画

更新日:

ここ最近、ビットコインのハードフォークが盛り上がっており、今後予定されているハードフォーク( 分裂 )だけでも、ざっと

Bitcoin Diamond ( ビットコインダイアモンド )
Bitcoin Cash Plus ( ビットコインキャッシュプラス )
Bitcoin Silver ( ビットコインシルバー )
Super Bitcoin ( スーパービットコイン )
Bitcoin Unlimited ( ビットコインアンリミテッド )
Bitcoin Platinum ( ビットコインプラチナム )
Bitcoin Uranium ( ビットコインウラン )

などがあげられています。

ハードフォークとは?

ブロックチェーンのプロトコルに規定された検証規則を緩和することによって発生するブロックチェーンの分岐のことです。ハードフォークの際には、新しい検証規則を採用しないノードは、新しい検証規則に則って作成されたブロックおよびトランザクションを無効として却下する可能性があります。これにより、新しい検証規則を採用するノードと、採用しないノードとの間で、ブロックチェーンの最も長い有効な枝の判断に不一致が生じ、恒久的な分岐を生じる可能性があります。

「そもそも分裂ってどういうこと?」「 分裂したらもともとの価値も半分ずつになるの? 」といった疑問が生じたのは私だけではないと思います。今日は、そんなビットコインの分裂( ハードフォーク )について私なりの解釈で解説していきたいと思います。

ハードフォークの成功例といえば、ビットコインキャッシュではないでしょうか。ビットコインが、ビットコイン本体とビットコインキャッシュに分裂するといった記事を見たとき、価値そのものが分裂するのかと冷や冷やしたものでしたが、結果...ビットコインの価値は下がることなく、いやむしろ上がり、その上で 新しく付与されたビットコインキャッシュの分だけ得をした ということが起こりました。

「ビットコインを持ってるだけで、何でビットコインキャッシュをもらえたの?」「得をしたってことは、誰かが損をしたんだよね?」と、頭の中は「?」だらけになってしまい、この際だからとことん調べてみようと思った次第です。

そもそも、「なぜビットコインは値上がりするのか?」そのあたりも理解した上で読んでもらえればと思いますので、そのあたりの話はこちらの記事に目を通して頂けると幸いです↓

なぜ仮想通貨は値上がりしているの?仮想通貨バブルははじまったばかり!

今、世間での認知度がぐいぐいと急上昇している仮想通貨のビットコインですが、 ここ数年の間で数十倍、通貨によっては数百倍も値上がり をしています。そんな想像を絶するようなことが、この仮想通貨の世界では日 ...

続きを見る

まあ、ひとことでいえば、「買う人が売る人よりも多いから値上がりする」ということですね。

例えば...10万円で絵画を購入したものの、これを誰かに売りたいと思ったとします。

購入したい方が2人見つかり、Aさんは「20万円で買いたい」、Bさんは「5万円で買いたい」としましょう。どちらに売るかと聞かれれば、より高い値段をつけた「Aさん」を迷わず選択しますよね。

ただ、どうしても急ぎで資金を調達しなくてはならず、そんな時に「5万円で買いたい」というBさんしかいなかった場合、損を覚悟でやむを得ず売ることもあるかもしれません。

ビットコイン( 仮想通貨全般 )の価値というものは、こうして 買いたい人と売りたい人によって決められて変動 し続けている、それこそがまさに「 需要と供給のバランス 」というものです。

話は戻りますが、それではビットコインとビットコインキャッシュが分裂したのは、いったいどういうことなのか...

分裂した理由は、細かく解説するとなると膨大な量になってしまいますので省略しますが、ようは ビットコインのシステムに限界がきていた のが発端でした。取引量がこのまま増え続けてしまうと現状のシステムままでは、それこそ 通貨として使い物にならなくなってしまうことが早い段階で分かりきっていました。 そのために何か対策が必要だったのですが、そこで、行われた対策が 「ハードフォーク」いわゆる「分裂」 です。

この分裂はどういうことかというと、元のビットコインから新しい仕様のビットコインを開発したということになります。それが、ビットコインキャッシュです。ビットコインを所持している人を対象にタダで配られたものの、この時点では、ビットコインキャッシュには何の価値もなく、誰も得もしておりません。

それどころか、分裂したことで価値は半分になってしまうのではと想像してしまいがちですが、それもありませんでした。なぜなら通貨が分裂したところで、ビットコインの 需要と供給が引き続き変わらない動きを見せていれば、価値というものは落ちるものではない からです。

今回は、ビットコインが引き続き変わらぬ支持を集め、むしろ「分裂」という大々的なニュースによりビットコインの知名度が上がり、分裂騒動が落ち着いたことでさらに買う人が増え、価値は上がっていったというシナリオです。

一方、ビットコインキャッシュにも価値がつきました。しかしこれは結果論であり、 分裂のたびに新しい通貨に価値が必ずつくというものではなく、誰も欲しがらなければ、価値はゼロに近いものになっていきます し、その反面、もともとのビットコインを売って分裂後の新しい通貨に乗り換えようという人が多ければ、ビットコインに価値がなくなることも考えられます。

ビットコインとビットキャッシュの分裂に関していえば、今回はたまたま両方欲しい人がいて、両方とも値上がりしたというだけと考えてます。

今後、分裂に分裂を重ね、 新しい通貨がどんどんどんどん増えていくと、中には見向きもされないコインが出てきても何ら不思議ではない ですよね。

結局、どの仮想通貨の価値が上がるかは誰にも分かりません。ビットコインの一強が続くのかもしれませんし、仮想通貨業界を革命が起き、それにより ビットコインが廃れてしまう可能性 だってもちろんあります。

日々、新しい技術が目まぐるしく生まれては、それと引き換えに過去のものが消えていく時代です。1つ言えることは、技術が進歩し続けているということは、世の中がより便利な方向へ進んでいくということですね。

そんな、誰にも予測できないからこその面白さがビットコイン( 仮想通貨 )にはあります。あれがいいこれがいいと自分なりに予想して、楽しみながら仮想通貨投資ができればなと思います。

以上、「ビットコインの分裂で資産倍増計画」でした!

 

 

仮想通貨はじめるなら絶対口座開設したい取引所

coincheck( コインチェック )

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番かんたんにビットコインが購入できることで定評のある coincheck( コインチェック ) 。日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一と名実ともに最大手。セキュリティ/補償の面でも、仮想通貨損害補償サービスをおこなっており、安心して取引できます。

bitFlyer( ビットフライヤー )

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer( ビットフライヤー ) は日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超/ユーザー数60万人/資本金41億に加えて、大手金融機関より暗号通信化技術を採用してしていますのでセキュリティレベルも非常に高く、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。補償額は国内最大の500万円となります。

Zaif( ザイフ )

Zaif( ザイフ ) のといえば手数料の安さというくらい、マイナス手数料を大々的に打ち出しており、これは取引をすればするほどプラスになっていくという、トレーダーにとっては最高の仕組みではないでしょうか。ここでしか購入できないトークンも多数あり、何を隠そうあのホリエモンが技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所でもあります。

-ビットコイン

Copyright© 仮想通貨まとめ , 2018 All Rights Reserved.