ビットコイン

ビットコインは現金とどう違うの?ビットコインのメリット・デメリットを交えながら解説します

更新日:

先生?ビットコインと現金って何が違うんですか?
ビットコインと現金は同じお金(通貨)として使うことができますが、両者には大きな違いがあります。
うーん。仮想と現実…?
では今日はビットコインのメリットとデメリットを交えながら、違いについて詳しく説明していきますね。

ビットコインは現金とどう違うの?

ビットコインという言葉を耳にすることが増えてきました。

  • ビットコインと現金はどう違うの?
  • ビットコインにはどんな役割があるの?

そんな疑問を持っている人が少なからずいると思います。
この記事を読んでいるあなたのためにビットコインと現金の違いについてまとめました。

現金とは?

では、現金についてどんなイメージがありますか?
きっと1万円札や500円玉といったものが浮かんだはずです。
そもそも現金がどこから発行されているかを知っていますか?
現金とは国家の信頼をもとに日本銀行が発行した貨幣です。
現金には紙幣や硬貨として実体があることが大きな特徴としてあげられます。

ビットコインとは?

ビットコインとは、実態がないバーチャル上のお金のことです。
バーチャルとは日本語で「仮想」という意味です。
そのことから仮想通貨と呼ばれています。
仮想通貨はサトシ・ナカモトを名乗る人物によってインターネット上に投稿された論文に基づいて、実在の通貨より安全に利用できるように考案されたものなんですよ。

うーん。もっと解りやすく教えて下さい><;
はい。慌てない、慌てない。

ビットコインと現金の違い

では、ビットコインと現金の違いについて掘り下げていきましょう。

違いとしては、大きく分けて4つあります。

①発行方法

現金は、国家の信頼のもとに組織(日本であれば日本銀行)が発行したものです。
現金は中央集権的に管理し、その国が発行している独自通貨しか使えません。

例えるなら、日本が円しか使えないということです。
それに対して、ビットコインの新規発行は採掘(マイニング)と呼ばれるビットコインの取引記録の追記作業に対して報酬が支払われ、特定の国や中央銀行が発行したものではなく、ネットワークに参加している人たちが主体となって運用しています。
また、ビットコインは国によるコントロールを受けないため、世界中どこでも使え、ビットコインの発行総量は2100BTCと決まっているんですよ。

ふーん。発行量が決まってるんだぁ

②紛失のリスク

現金は実体があることが特徴ですが、財布やお金を無くしてしまったときに見つかればいいですが、見つからないこともあります。
つまり、現金は紛失してしまったときに取り返せないリスクがあることが大きなデメリットです。

一方で、ビットコインは実体がないお金であり、そのお金はスマホやパソコンで管理することができます。
ビットコインはウォレットと呼ばれるバーチャルの財布に入れて持ち運ぶことができ、クラウド上で保管しているので、ウォレットが盗まれることがない限り、ウォレットの中のビットコインを失うことがないということが魅力なんですよ。

スマホのデータを全て消去したとしても、別のスマホやパソコンからウォレットにログインすればビットコインが残っているので心配する必要がないですね。

たしかに現金は失くしてしまったら終わりだもんなぁ。。

③署名があるかどうか

日本人は現金に慣れているから理解できると思いますが、現金は所有できても特定のお金を自分のものだと名乗れません。
貨幣に名前が書いてあるわけではないし、盗まれても自分のものだと断定できないことが大きなデメリットです。
仕事で一生懸命稼いだり、ギャンブルで儲かったとしても現金であることは変わりません。

それに対してビットコインは「電子署名」という暗号技術によって無断で送金できないシステムになっています。
ドラえもんでジャイアンがのび太に「お前の金は俺のもの、俺のものは俺のもの」というようなことが現金ではできても、ビットコインではできないのです。
ビットコインのさらに凄いところは、過去の取引したビットコインの履歴(トランザクション)がすべて記されています。
ビットコインには「ブロックチェーン」という仕組みがあり、取引した過去の記録をまとめて保存し、データの変更や改ざんができなようになっています。

ちょっと難しくなってきたなぁ。。。

なぜビットコインが急速に普及したのか?

お金は「信用」で成り立っていることを知っていますか?

信用?

ビットコインが値上がりしているのは、現金と同じように信用され始めていることが大きな理由です。
実態があろうとなかろうと、信用が得られればその通貨に価値を持つのがお金の特徴です。

では、続いてビットコインのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

現金のメリット・デメリット

日本における現金のメリットは3つ

現金のメリット

1、日本中どこでも決済ができる
現金は日本ではどこでも使えます。
東京だろうが九州であろうと使えます。

2、信用度が高い
現金の信用度が高いのは日本人の大半が現金を使っているからです。
お金は信用で成り立っており、日本人の信用の高さが分かります。

3、価格の変動が少ない
現金だと価格の大幅変動がないです。
実態のある現金は大きな動きがないので、安定しやすいところが特徴として挙げられます。

現金のデメリット

海外送金手数料が高い
海外に現金を送金する際に、手数料がかかります。
送金する際に銀行の中央を通さないといけないので、手数料が高くなってしまいます。

ビットコインのメリット・デメリット

ビットコインのメリット

1、取引内容が全て残る
ビットコインは誰のものであるかが明確で、取引したデータが残ります。

2、海外に行くときに両替する必要がない
ビットコインは中央銀行がないため、世界各国で使える共通通貨です。
なので、両替しなくて済むのは非常に大きなメリットとして挙げられます。

3、海外送金手数料が安い
ビットコインは国家の壁がないので、送金手数料が現金よりも抑えられます。
これが現金との大きな違いです。

4、投資する価値がある
ビットコインは実体のある現金と違って、値動きが激しいため、儲かったときのリターンが期待できます。
そういう意味で投資する価値があります。

ビットコインのデメリット

1、決済ができる店が少ない
ビットコインでの決済ができる店は今の所日本では10箇所もないかと思います。
これが現状の課題です。

2、信用度が低い
やはり、ビットコインは現金よりもまだまだ信用が低いです。
キャッシュレス社会の実現をするには、信用度の課題は避けて通れません。

3、価格の変動が激しい
ビットコインは値動きが激しく、100万を超えたと思ったら、すぐに80万になったりします。
それだけ価格の変動が激しいです。

それぞれのメリットとデメリットをまとめました。
信用という意味では圧倒的に現金に敵わないのが現状です。

現金にもビットコインにもメリット・デメリットがあるんですね。

ビットコインは現金とどう違うの?まとめ

いかがでしたか。
ビットコインと現金の違いを理解できたでしょうか?

は、はい…なんとなくですが、両方にメリット、デメリットがあるのはハッキリわかりました♪

私たちが日頃持っている現金は誰のものかが明確ではないですし、盗まれても誰も責任が取れません。
ですが、ビットコインは誰のものであるかがはっきりしているし、データをハッキングしようとしても、ブロックチェーンの技術によってデータの改ざんができないようになってます。

自分のお金が誰のものであるかが明確になったというのはとても画期的な技術だと思いませんか?

日本はそもそもの話として、現金のリスクを知らない人が多いなと感じます。
今はまだ現金派の人が圧倒的に多く、現金がなくなる未来が想像できない人が多いのではないでしょうか。
これからはビットコインによって、キャッシュレス社会が到来し、国家の壁がなくなる世の中が到来しても不思議ではないと言えるでしょう。

キャッシュレス化が進んでいる未来が待ちどおしいです((o(^-^)o))

仮想通貨はじめるなら絶対口座開設したい取引所

coincheck( コインチェック )

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番かんたんにビットコインが購入できることで定評のある coincheck( コインチェック ) 。日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一と名実ともに最大手。セキュリティ/補償の面でも、仮想通貨損害補償サービスをおこなっており、安心して取引できます。

bitFlyer( ビットフライヤー )

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer( ビットフライヤー ) は日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超/ユーザー数60万人/資本金41億に加えて、大手金融機関より暗号通信化技術を採用してしていますのでセキュリティレベルも非常に高く、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。補償額は国内最大の500万円となります。

Zaif( ザイフ )

Zaif( ザイフ ) のといえば手数料の安さというくらい、マイナス手数料を大々的に打ち出しており、これは取引をすればするほどプラスになっていくという、トレーダーにとっては最高の仕組みではないでしょうか。ここでしか購入できないトークンも多数あり、何を隠そうあのホリエモンが技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所でもあります。

-ビットコイン

Copyright© 仮想通貨まとめ , 2018 All Rights Reserved.