ビットコイン

ビットコインのデメリットを「あえて」書きます...。

投稿日:

あえてビットコインのデメリットを書きましょう。

まず、「ビットコインとは?」。一言で言えばビットコインは仮想通貨と呼ばれる 「電子化されたお金」 であり、実際に決済としてお店でそれがお金として支払えますので、Suica や Edy といった電子マネーにも近い感覚ですね。電子マネーの一面を持ちながら、ビットコインは取引所が設けられており、株のように日々売り買いの投資( 取引 )が行われてもいます。

取引所とは、ビットコインをはじめとする 「仮想通貨」を買いたい人と売りたい人が集まって取引をする場 です。場といってもどこかに実店舗があるわけでなく、ネット上の各仮想通貨取引所のサイトにて取引が行われます。売りたい値段・買いたい値段が一致した場合にのみ取引が成立すること、 仮想通貨のやり取りはユーザー間で行われる ことが取引所の特徴です。

仮想通貨と呼ばれるものには、ビットコインが代表格ですが、同じような性質をもつ通貨がいくつもあり、「イーサリアム」や「リップル」なんかは、 ビットコインに次ぐ仮想通貨 といえるでしょう。

円があり、ドルがありユーロがある。そんな感じです。ただ、仮想通貨と実際の通貨の違いはというと、仮想通貨では ブロックチェーンという技術により電子化 されている点ですね。それらをひとまとめにして「仮想通貨( 暗号通貨 )」と呼んでいます。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、ビットコインの中核となる取引データ技術のことを指します。取引のデータ( 履歴 )をトランザクションと呼び、そして、複数のトランザクションをまとめたものをブロックと言います。このブロックが連なるように保存された状態がブロックチェーンです。

ビットコインをはじめ、イーサリアム・リップル...これら仮想通貨の主要とされるコインはどれも長期で見ると価値が上がってます。これから実用化されていくにつれてますます価値は上がっていくのではないでしょうか。

と、同時に主要以外のたくさんの仮想通貨が日々生まれは消え乱立している世界で、その多くの仮想通貨は詐欺まがいなものが多いです。そのため、仮想通貨の取引は必ず国内の取引所( coincheck( コインチェック ) bitFlyer( ビットフライヤー ) Zaif( ザイフ ) )に登録し、その取引所内で扱っている仮想通貨を買うということを徹底すべきと呼び掛けているのです。

  

 

さて本題ですが、

ビットコインの メリットは、それはそれはあげたらキリがないほど多い のと、調べればいくらでも検索できることなので、あえて今回は デメリットに焦点 を当ててみます。

株の取引では売買システムからルールまで確立されていることが、ビットコインの世界では、 仮想通貨そのものがまだ始まって間もないということによる不安定さ 、歴史がないということは、前例がないということであり、そのために 予期しないことが起こりやすい ということ。投資という面では日々、拡大をみせていますが、決済を導入しているお店はまだまだ充実しているとはいえないもので、まだ 通貨として使われている例はごくわずか です。

確立されていないということは、 取引所に何か不具合 があったり、ビットコインの システムに欠陥 がみつかったり、 アカウントの乗っ取り 、まだまだ 法律が追いつていない 現状...などなど何が起きてもおかしくないです。逆を言えば、だからこその伸びしろでもあり、見方を変えればメリットでもあったりするんですけどね。

ビットコインは異常ともみえる暴騰暴落を繰り返すことが多い為に価値が安定しにくく、投機的側面がある。

現時点では、国による担保がないため、ビットコインにどのようなことが起きても国は補償してくれません。

銀行と違い、ビットコインには匿名性がありますので、テロ組織などがマネーロンダリングとして活用する恐れがあります。恐れというか、実際にこのような事件はすでに起きてます...。

万が一、亡くなってしまった時の話ですが、ビットコインに関しては相続ができなくなってしまう可能性があります。

私が考えるデメリットは実はこの程度です、はい。

デメリットがこれしか思いつかないというのはホントに凄いこと です。

世界中で仮想通貨が必要とされてどんどんと普及して、 通貨が沢山の人たちに買われていけば、おのずと価格は上がっていきます。 その為、買って持っておくだけで価格が上がり、利益も上げられるということなのです。投資だからといってトレードの知識が必要だとかいうこともありません。収益を上げる為に必要なのは、仮想通貨がどういうものなのかを、 メリットばかりに目を向けるのではなく、デメリットの一面もしっかりと理解 することです。

例えば、若い普通のサラリーマンが1000万円の資産を手に入れるのに、どれだけの時間と労力を費やさなければならないのでしょうか?一般的な企業で見ても若い人の給料は安く、さらに若さという貴重な資源は仕事に使う時間で占められています。もちろん給料は決まっているし、残業手当などあったとしても、大した額ではないはず。彼らのほとんどは1000万円という資産を築くことはできないのです。若い貴重な時間に嫌でも沢山の仕事をしなければならない、そしてその給料の中で何とかやりくりをする、そんな生活をしている人がほとんどなのです。

仮想通貨は怪しいだとか、危ないだとか言われている中でも、 2017年に法律で正式に通貨として認定 されたり、ビッグカメラをはじめ大手企業がビットコインでの決済を導入したり、仮想通貨の広がりを見せているのが現実です。

時代の流れに目を向けてみること、そして リスクもしっかり理解した上で、投資をすることが大切 なのです。

誰でも自分の知らないことは不安を感じやすいものです。けれど知らないから悪いものと決めつけるのはもったいないですよね。気づけば知らない間に世界では当たり前!になっていることもあるかも。

以上、「ビットコインのデメリットを あえて 書きます...。」でした!

 

 

仮想通貨はじめるなら絶対口座開設したい取引所

coincheck( コインチェック )

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番かんたんにビットコインが購入できることで定評のある coincheck( コインチェック ) 。日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一と名実ともに最大手。セキュリティ/補償の面でも、仮想通貨損害補償サービスをおこなっており、安心して取引できます。

bitFlyer( ビットフライヤー )

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer( ビットフライヤー ) は日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超/ユーザー数60万人/資本金41億に加えて、大手金融機関より暗号通信化技術を採用してしていますのでセキュリティレベルも非常に高く、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。補償額は国内最大の500万円となります。

Zaif( ザイフ )

Zaif( ザイフ ) のといえば手数料の安さというくらい、マイナス手数料を大々的に打ち出しており、これは取引をすればするほどプラスになっていくという、トレーダーにとっては最高の仕組みではないでしょうか。ここでしか購入できないトークンも多数あり、何を隠そうあのホリエモンが技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所でもあります。

-ビットコイン

Copyright© 仮想通貨まとめ , 2018 All Rights Reserved.