仮想通貨

2018年おすすめ仮想通貨の銘柄解説

投稿日:

2018年の仮想通貨

2017年は、仮想通貨市場が右肩上がりだったため、誰が買っても儲けやすい1年でした。

一方、2018年は、2017年ほど楽に儲けられなくなるでしょう。

理由は、2017年のICOの成功に目をつけて、2018年は、資金集めの詐欺コインが乱立することは必至ですし、2017年に短期的に価格を伸ばしたコインが、2018年もその価値を維持できるかはわからないためです。

けれど、市場規模でみると、まだまだ右肩あがりの仮想通貨ですから、2018年もチャンスの1年であることには変わりありません。

私が予想する、2018年に価格を伸ばすコインは、

  • 市場が明確で他の通貨にない優位性のあるコイン
  • ICOで活躍するコイン

の2つです。

そして、2018年は、短期的な値動きに飛びつくのではなく、将来性のあるコインを見定めて、じっくり投資する長期的な構えが良いと考えています。

2018年おすすめ仮想通貨の銘柄4つを解説

それでは、私が予想する、2018年おすすめの仮想通貨を解説します。

あくまで予想ですが、仮想通貨選びの参考になれば、幸いです。

IOTA(アイオータ)

IOTAは、物流や情報通信など、IoTと呼ばれる分野に特化した仮想通貨です。IoTとは、モノのインターネットと呼ばれ、ビッグデータ、AIと並ぶ、情報産業の目玉の1つでもあります。

IOTAの強みは、処理が速い上に、何と送金手数料が無料という、脅威の利便性です。

その秘密は、IOTAのブロックチェーンに使われる、Tangle(タングル)という独自システムにあります。

Tangleは、他の仮想通貨と違って、ブロックを生成しません。

そのため、ビットコインのようなスケーラビリティ問題やマイニング報酬が発生しないのです。

それによって、速さと安さの両方が実現されました。

IOTAの価格は、2017年12月から上昇し始めています。

2017年11月では、1MIOTA=約50円だったのが、12月では一時、約600円までに高騰、現在は300円ほどを推移しています。

12月における高騰の理由は、IOTAが、マイクロソフトや、Fujitsuなど大手企業との提携を発表したためです。Fujitsuは、早くからブロックチェーン技術の導入に積極的でした。そのFujitsuが提携したのですから、個人的には期待値が高いと思っています。

今後、IOTAの価格が上がるポイントは大きく分けて2つです。

1つは、大手企業との連携や、サービス契約など、IoTに関するニュースが報道されること。

そしてもう1つは、大手取引所への上場です。

IOTAは、時価総額10位前後の通貨にしては、取扱う取引所が少ないため、予想ですが、今後、取り扱う取引所が増える可能性があると思います。もし実現すれば、さらなる価格が上昇のきっかけになってくれるでしょう。

現在、IOTAが購入できるのは、海外取引所のBitfinexとBinanceです。

Ripple(リップル)

リップルは、2017年に大躍進した仮想通貨です。

2017年の初めは、1XRP=約0.77円でしたが、12月には、約250円を超えました。

リップルに期待されるのは、国際間の決済を容易にするための、ネットワークの開発にあります。

2017年は、大手メガバンクがリップルに提供するネットワークへの参加を次々に表明したことから、価格上昇に繋がりました。

2018年のリップルは、2017年ほどの変動はないものの、長期的に上昇すると予想します。

長期的な価格上昇となる要因は、リップルネットワークに参加する金融機関が増えること、そしてリップルで決済をする企業が増えることです。

また、将来的な高騰要因として、もしリップルが、リップルネットワークのブリッジ通貨に採用された場合は、リップルの価値をさらに高めることになるでしょう。

現在、仮想通貨の信頼性がネックとなって、リップルをブリッジ通貨とすることに難色を示す金融機関が多いのですが、今後リップルが、安定した価値を市場に供給し続けるなら、可能性はあると思います。

2017年12月に、リップル社は、自社保有の9割のリップルをロックアップすることで、リップルの市場供給量を明らかにしました。

このことが、後々にリップルの価格の信頼性を、金融機関に証明するものとなるのではないかと予想しています。

Ethereum(イーサリアム)

イーサリアムは、ビットコインに次いで時価総額第2位の仮想通貨です。

イーサリアムの特徴は、ブロックチェーンに「空白」を作ることで、そこに様々なデータを入れられる柔軟な技術にあります。

この技術から、スマートコントラクトという契約を記録するシステムの開発や、アプリケーションの開発など、幅広く活用されることが特徴です。

2018年のイーサリアムは、ICOトークンの媒体として、まだまだ需要を伸ばし続けると思います。

イーサリアムベースのERC20トークンは、ICO業界でとても人気があり、あのGACKTさん(大城ガクトさん)のICOも、イーサリアムベースのトークンで行われるという情報もあります。

2017年に、ICOで成功した企業が沢山でたことから、2018年はICOが勢いを見せる1年になると思います。これがイーサリアムを長期的に上昇させる追い風となってくれるでしょう。

NEM(ネム)

ネムは、2015年の開発当初は1円未満の価値しかありませんでしたが、2017年末には、何と約100円まで上昇した、まだまだ期待の仮想通貨です。

ネムに期待される分野は、ICOプラットフォームになります。

ネムにはPoI(Proof-of-importance)という優れた技術があり、2017年に誕生した、日本発のICOプラットフォームであるCOMSAのベース通貨の一つとしても取り上げられました。

今後は、COMSAの成長とともに価格上昇が期待されることや、2018年にはネムの処理能力を大幅に上げるアップデート(カタパルト)が行われるという情報もあり、2018年中の価格上昇が期待できます。

国内取引所のZaifとcoincheckで購入できます。

2018年おすすめ仮想通貨の銘柄解説まとめ

いかがでしたか。

2018年のおすすめ仮想通貨は、市場が明確で、他の通貨よりも優れた点があるIOTA(アイオータ)とRipple(リップル)、そしてICOで活躍するEthereum(イーサリアム)とNEM(ネム)です。

あくまで個人の予想ですので、投資は、余剰資金で安全にトライして下さいね。

仮想通貨はじめるなら絶対口座開設したい取引所

coincheck( コインチェック )

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番かんたんにビットコインが購入できることで定評のある coincheck( コインチェック ) 。日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一と名実ともに最大手。セキュリティ/補償の面でも、仮想通貨損害補償サービスをおこなっており、安心して取引できます。

bitFlyer( ビットフライヤー )

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer( ビットフライヤー ) は日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超/ユーザー数60万人/資本金41億に加えて、大手金融機関より暗号通信化技術を採用してしていますのでセキュリティレベルも非常に高く、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。補償額は国内最大の500万円となります。

Zaif( ザイフ )

Zaif( ザイフ ) のといえば手数料の安さというくらい、マイナス手数料を大々的に打ち出しており、これは取引をすればするほどプラスになっていくという、トレーダーにとっては最高の仕組みではないでしょうか。ここでしか購入できないトークンも多数あり、何を隠そうあのホリエモンが技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所でもあります。

-仮想通貨

Copyright© 仮想通貨まとめ , 2018 All Rights Reserved.