未分類

仮想通貨決済のメリット、クレジットカードとの違い

更新日:

仮想通貨決済のメリット、クレジットカードとの違い
--------------------------------------------

今話題になっている仮想通貨。世界中の著名人からビジネスマンまで、もう手に入れている人も増えてきていると思います。その流れに伴って、これから仮想通貨を始めよう!と考え始めた人、これから手に入れようと決めた人も多いのではないでしょうか?
現在では多くの仮想通貨が広がっており、非常に多くの仮想通貨が出来ています。現在進行系で増え続けているため、すべてを知ることは難しいですが、情報として知っておきたい仮想通貨の流れがあります。
仮想通貨決済のメリットはいくつか存在します。送金手数料が安い、送金時間が速い、海外送金が格安におこなえるなどです。今後、ますます仮想通貨決済が広まることが予想されています。今回はその仮想通貨決済について説明したいと思います。

 

---------------------------------------------
メリットが多い
---------------------------------------------

送金手数料が安い、海外送金でも条件は同じ等のメリットが
仮想通貨決済のメリットはいくつか存在します。その例として、
・送金手数料が安い
・送金時間が速い
・個人間のお金のやりとりにも使える
・国内、海外の区別がないため、海外送金でも条件は同様
・ビットコイン・デビットカードなどは、VISA加盟店でどこでも利用可能
上記が挙げられます。まず、仮想通貨決済について送金手数料については仲介業者を含まないため、仮想通貨の方が全般的に既存の決済手段よりも安くなる可能性が高いです。例えば、bitcoinfees.21.coによると、2017年10月17日のビットコインの送金手数料で問題なく高速に決済ができる額は、トランザクションデータ1byteにつき170satoshi(=0.0000017BTC、約1.07円相当)となっています。
トランザクションのデータサイズは一概にビットコインの額が大きければ大きく、小さければ小さいというように決まっていません。例えば、現在のトランザクションの中央値を見てみると226byteとなり、これを問題なく早く送金できる金額は約242円となります。ただし、ネットワークが混んでいなければもっと少額でも送ることも可能です。これは、自分でウォレットから送金する際に送金手数料は選択することができるので、自分の負担の少ない手数料を選択することをおすすめします。また、現在最も主流な仮想通貨のひとつであるビットコインは、2016年頃までは送金手数料を払わなくとも送金することができていました。というのも、トランザクションデータがビットコインのネットワークの許容量を上回ることがなかったからです。現時点では利用者が増えたために手数料は以前に比べて高いという状態といえます。しかしながら8月に「Segwit」と呼ばれる技術が導入されたことで、今後マイクロペイメント・チャネルやライトニング・ネットワークという技術によってネットワークの許容できるトランザクション数が大幅に増えることになれば、送金手数料はまた劇的に安くなり、無料に近くなるのではと期待されています。

---------------------------------------------
決済導入店のデメリット
---------------------------------------------

お店側がクレジットカードとビットコインを比較した場合に考えられるデメリットとして挙げられるのが、それは通貨としての価値が不安定なことです。
今後、日本円のように信頼性と安定性を獲得できるのか不透明な部分があります。特に日本においてじゃ日本円が世界的にも高く評価されているため、ビットコインのデメリット部分が目立ってしまいがちです。未だに仮想通貨の広まりが海外に比べ少し遅れているのはここからとも言えます。国勢が安定していない国では、自国の通貨よりもビットコインの方が信頼できるということも実際に起きています。

 

---------------------------------------------
仮想通貨決済をオンライン・ウォレットを利用して送金
---------------------------------------------

ビットコインを送金するには、ビットコインのオンライン・ウォレットを利用します。このオンライン・ウォレットとは、ビットコインの管理・送金などを行うためのアプリケーションです。便利なことに、このアプリケーションはスマートフォンやパソコンなどで、無料でダウンロードすることができます。以下に、ビットコインのウォレットの中の主なオンライン・ウォレットとして挙げられるのが、
・Bitcoin Wallet
・Blockchain.info
・Bread wallet
・Coinbase
・Copay
・Electrum
・Mycelium
これらのアプリケーションが便利と言われています。特に日本語に対応していてスマートフォンでも利用できるものは、Blockchain.info、Bread wallet、Copayをおすすめしています。
送金方法としては、
送金先のアドレスを入力またはQRコードの読み込み
送りたい量を入力
送る相手先、送る額を指定したら「送信」をクリック
完了
という流れです。

 

---------------------------------------------
仮想通貨で得た利益に税金はかかる?
---------------------------------------------

気になるのが仮想通貨を使うことによって得た利益に税金が掛かるのかどうかということだと思います。実際に仮想通貨に課せられる税金については国税庁のサイトに見解が掲載されました。それによると、ビットコインを売却・使用することで生じた利益は原則として「雑所得」に区分され、所得税の課税対象となります。そのため、会社の給与のほかに仮想通貨の取引以外も含めて年間20万円超の利益を得た人などは確定申告が必要ということになります。株式や投資信託で得た利益の場合は申告分離課税で一律20%が課税されますが、雑所得の場合は累進課税が適用となります。他の所得と合算して、最高で45%の税率が適用となります。詳しくは国税庁が公開している資料を確認してみてくださいね。ちなみに消費税については非課税となっています。確定申告をせずに後で無申告などが発覚すると、追徴課税や延滞税が必要になりますので注意してくださいね。

 

---------------------------------------------
将来性について
---------------------------------------------

まだまだ値動きの幅が大きく安定しないビットコイン。しかし、注目度は高く、多くの著名人から企業が取引に扱っているビットコインです。投機的な要素もあるのですが、この後2020年のオリンピックも控え、ビットコイン決済ができる企業・サービスは相当増えると言われていますので、制度も整い利便性は向上していくと思われています。
初心者の方はまずは数万円程度からビットコインを保有してみてはいかがでしょうか。

 

いかがでしたか?仮想通貨決済のメリット、クレジットカードとの違いついて、実際に仮想通貨決済はどのような方法で行えるかどうかということや、クレジットカードなどとの違いやメリットについての疑問は解消出来たでしょうか。仮想通貨決済の今後の動向に注目する価値はあります。ぜひチェックしてみてくださいね!

 

仮想通貨はじめるなら絶対口座開設したい取引所

coincheck( コインチェック )

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番かんたんにビットコインが購入できることで定評のある coincheck( コインチェック ) 。日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一と名実ともに最大手。セキュリティ/補償の面でも、仮想通貨損害補償サービスをおこなっており、安心して取引できます。

bitFlyer( ビットフライヤー )

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer( ビットフライヤー ) は日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超/ユーザー数60万人/資本金41億に加えて、大手金融機関より暗号通信化技術を採用してしていますのでセキュリティレベルも非常に高く、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。補償額は国内最大の500万円となります。

Zaif( ザイフ )

Zaif( ザイフ ) のといえば手数料の安さというくらい、マイナス手数料を大々的に打ち出しており、これは取引をすればするほどプラスになっていくという、トレーダーにとっては最高の仕組みではないでしょうか。ここでしか購入できないトークンも多数あり、何を隠そうあのホリエモンが技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所でもあります。

-未分類

Copyright© 仮想通貨まとめ , 2018 All Rights Reserved.