未分類

仮想通貨を通してわかるお金の仕組み

更新日:

こんにちは。

今回は最近よく目にする「仮想通貨」に対して、世間一般の方が感じる多くの疑問の中でも1番気になる「仮想通貨って、よくわからないから信用できない!」という不安について、なぜよくわからないのか?という部分に“仮想通貨を通してわかるお金の仕組み”という内容でわかりやすく、メスを入れちゃおうと思います。

まず、もう聞き飽きたよ!という方もいらっしゃると思いますが、仮想通貨とは何か?を簡単に説明させて頂きます。

「仮想通貨とは、法定通貨に対して特定の国家による価値の保証を持たない通貨の事。」です。

ちょっと何を言ってるかわからないので、簡単にすると、つまり「現金というモノが存在しない“電子マネー”である。」と思ってくれて大丈夫です。

交通系ICカードやタスポ、スマホのクレジットカードやITunesカードなどは皆様もよく使用されると思います。

これらは、皆さまが混乱しないように、と、販売店側が管理しやすいように、という2点の理由により、現物化(モノとして機能)されていますが、よく考えてみると、これらでさえも電子決済すれば、理論的には仮想通貨決済システムと何ら変わりはありません。

ではなぜ、こんなにも多くの皆様が仮想通貨に不安になるのでしょうか?

その答えは、そもそも「お金の仕組み」を多くの人が知らずに生活をしているからです。

お金の仕組みを正しく理解すれば、仮想通貨の仕組みも正しく理解出来ます。

では質問です。

「お金とは何でしょうか?」

この質問をされた時、正しく答える事はできるでしょうか。

ここでは「お金とは信用である。」というのが正しい答えです。

では、お金の信用って何でしょうか。

皆様も御存知のように、あなたの預貯金している銀行に預貯金者全員分の現金があるわけでは無いのは知っていると思います。では、現金が無いのに振り込んだり引き出したりできるのはなぜでしょう?

それは銀行に信用があるからです。

仮に、あなたの預貯金先の銀行が銀行強盗にあったとしても、あなたの預貯金額をおろす事が可能です。

「当銀行は○○支店が銀行強盗にあったため、預貯金者全員〇〇%分しかおろせません!」などという事にはなりません。

実際に現金が無くなっても、あなたの預貯金は保証され、確かにATMや窓口から現金をおろす事が可能なのです。これは銀行が潰れない限りは有効な保証ですが、この「保証」という部分がそのまま銀行への「信用」という事です。

少し話を拡大して乱暴に逆説するならば「信用のある所にお金は集まる。」という事です。

銀行は銀行強盗やその他サイバーテロなどの脅威に合わないように万全の防衛システムを徹底しています。

その万全の防衛システムは「信用に値するのでお金が集まる。」わけです。

ビットコインは不正不可能と言われているブロックチェーンという防衛システムがあります。

その不正不可能というシステムに対して「信用に値するのでお金が集まる。」わけです。

すごく簡単な例えをしますと、アルバイトで遅刻や欠勤を繰り返す子よりも、遅刻や欠勤を一切しない子の方が「信用に値するので、昇給やシフト入りの可能性が高まる。=お金が集まる。」とミクロな話でも再現されているわけです。

つまり、お金とは信用の事であり、そこらかしこに信用間での取引があるので気付きにくいのですが「信用=お金」なんだと理解してしまえば「仮想通貨もよくわかる。」わけです。

自販機にお金を入れてジュースが出てこなかったら、お金を入れませんよね。

ITunesカードを買っても携帯やPCにチャージ出来なかったら購入しませんよね。

なぜですか?

信用できなくなるからです。

ほぼ100%に近い信用が保証されているものに人はお金を使います。

それは何かを買う時も、誰かに給料を支払う時も、電子マネーを決済する時も同じです。

「お金とは信用である。」という法則を人に置き換えてみると面白いと思います。

「信用できる人にお金は集まる。」という法則になり得ます。

今の自分の生活の中で、信用って何だろう?と考えて実践してみると、今より少しお金が集まってくる環境になるかもしれませんね。

結論を言うと「仮想通貨は信用で成り立っているもの。」という事です。

「お金=信用」という答えを知らなければ「仮想通貨は電子マネーの信用間決済システムです。」と言われても「信用って何?」となってしまいます。

つまり今までは、足し算を勉強する前から、掛け算の事を理解しようとしていたので、よくわからず、不安があったのです。

「お金=信用」という前提条件を知っていて「仮想通貨は電子マネーの信用間決済システムです。」と聞くと「あぁ、なるほどね。」となるのです。

以上「仮想通貨を通してわかるお金の仕組み」でした。

ここまで御覧頂きました事に深く感謝申し上げます。

仮想通貨はじめるなら絶対口座開設したい取引所

coincheck( コインチェック )

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番かんたんにビットコインが購入できることで定評のある coincheck( コインチェック ) 。日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一と名実ともに最大手。セキュリティ/補償の面でも、仮想通貨損害補償サービスをおこなっており、安心して取引できます。

bitFlyer( ビットフライヤー )

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer( ビットフライヤー ) は日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超/ユーザー数60万人/資本金41億に加えて、大手金融機関より暗号通信化技術を採用してしていますのでセキュリティレベルも非常に高く、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。補償額は国内最大の500万円となります。

Zaif( ザイフ )

Zaif( ザイフ ) のといえば手数料の安さというくらい、マイナス手数料を大々的に打ち出しており、これは取引をすればするほどプラスになっていくという、トレーダーにとっては最高の仕組みではないでしょうか。ここでしか購入できないトークンも多数あり、何を隠そうあのホリエモンが技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所でもあります。

-未分類

Copyright© 仮想通貨まとめ , 2018 All Rights Reserved.