仮想通貨

仮想通貨の説明書?ホワイトペーパーとは?

更新日:

仮想通貨を取引するうえで最も重要なのが「情報」です。

日々の相場は世界情勢や大手取引所への上場、国や政府機関による規制などによって大きく変動しています。それらの情報をいち早く掴むことによって、その先の相場がどのように変わってくるのかを察知することにつながります。

しかし、それらは短期的な変動を見るための材料に過ぎません。

長期的な視野で見るときには、それぞれのコインがどのような役割を目指しているのか、技術的に優れた点や将来性など、根本的な仕様を理解しておく必要があります。

仮想通貨の説明書「ホワイトペーパー」

全世界で流通する仮想通貨は、今や1,000を超える種類が存在しています。当然のことながらそれぞれコインの価値は全く違い、総発行枚数やユーザー数などによって大きく変動してきます。

また、そのコインが本来どのような目的で誕生したのか、将来目指す姿なども決して同じではありません。

ほとんどの仮想通貨には「ホワイトペーパー」という資料が存在します。日本語で直訳すると「白書」ですが、これにはコインの特徴や仕様などが事細かに記載されています。

いわば「仮想通貨の説明書」のような役割を果たします。新しい仮想通貨が誕生し、世界に流通する際にはこのホワイトペーパーが大変重要な資料となるのです。

ホワイトペーパーが重要である理由

ビットコインやイーサリアムなどのメジャーな仮想通貨の場合、その役割や特徴は何となく分かっているという人も多いはずです。

例えば、ビットコインはブロックチェーンという技術によって誕生した世界初の仮想通貨であり、仮想通貨界の王者です。現在世界に流通しているさまざまな仮想通貨の原型ともなったコインであり、実際に決済手段として利用できるお店も増えてきています。

また、イーサリアムはブロックチェーンに加えて「スマートコントラクト」という技術を採用し、決済にさらなる利便性が加わっています。

しかし、名前すら知られていないようなマイナーコインの場合、どのような特徴があって何を目的に誕生したものなのかが分からないと投資を判断する基準になり得ません。

ホワイトペーパーがあることによってマイナーなコインであっても正しく目的や仕様を理解することにつながり、その将来性や技術的な仕様などをもとに投資を行うか判断する重要な材料になります。

特に草コインを始めとした価値の低いコインの場合、投資している人も決して多くはなく、情報を収集するのは簡単なことではありません。そこでホワイトペーパーを参考に、その目指す目的は実現性があるのか、技術的な仕様は他のコインと比べて特徴があるのか等を参考に、投資判断を行います。

初心者はビットコインのホワイトペーパーを読んでみる

ホワイトペーパーの多くは英語で書かれていることがほとんどで、抽象的で専門的な表現が多く、初心者の人にとって始めは難しく感じられるかもしれません。

仮想通貨は金融の知識とITのテクニカルな知識が融合したようなものであるため、ますます苦手意識を持つ人も多いと思います。

しかし、例えばビットコインが実現したい事柄は非常にシンプルです。「国や政府に依存しない通貨を誕生させる」こと、「送金する際のコストや時間を極力小さなものにする」という2点です。これを実現するための技術がブロックチェーンであり、その詳細はホワイトペーパーに記載されています。

ビットコインのホワイトペーパーは日本語にも直訳されているため、まずは仮想通貨の基本を知るという意味でも、ビットコインのホワイトペーパーを読み込むことから始めてみてはいかがでしょうか。

現在は仮想通貨黎明期

ブロックチェーンやスマートコントラクトという技術はまだまだ黎明期であり、本格的な実用化は始まったばかりです。

20181月に発生したコインチェックによるNEM流出事件が発端となり、「仮想通貨は一時的な投機手段に過ぎない」、「仮想通貨バブルは弾けた」、「これから儲かるはずがない」といった悲観的な意見をよく耳にするようになりました。

しかし一方で、仮想通貨を単なる投資の手段ではなく技術的な側面から見ている人も存在します。上記のような批判は、単なる投資手段の一つとして考えている人から多く聞こえてくる傾向があります。

本来、仮想通貨というものは、それぞれに明確な利用目的があり、ブロックチェーンを始めとした技術がその実現性の裏付けとなっています。

そして、それぞれの仮想通貨が目指す姿を記したものがホワイトペーパーであり、これを正しく理解することで仮想通貨の将来性を見極めることにつながります。

仮想通貨はこれまでのような法定通貨とは違った役割を果たすと考えられており、それに気付くことができれば短期的な相場の変動に踊らされることもないはずです。

これから仮想通貨を始めようと考えている方は、ぜひ短期的な視点ではなく、ホワイトペーパーを読み込んでしっかりと理解し、テクノロジーの側面をきちんと見極めたうえで長期的な視点で考えて投資してみましょう。

仮想通貨はじめるなら絶対口座開設したい取引所

coincheck( コインチェック )

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番かんたんにビットコインが購入できることで定評のある coincheck( コインチェック ) 。日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一と名実ともに最大手。セキュリティ/補償の面でも、仮想通貨損害補償サービスをおこなっており、安心して取引できます。

bitFlyer( ビットフライヤー )

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer( ビットフライヤー ) は日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超/ユーザー数60万人/資本金41億に加えて、大手金融機関より暗号通信化技術を採用してしていますのでセキュリティレベルも非常に高く、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。補償額は国内最大の500万円となります。

Zaif( ザイフ )

Zaif( ザイフ ) のといえば手数料の安さというくらい、マイナス手数料を大々的に打ち出しており、これは取引をすればするほどプラスになっていくという、トレーダーにとっては最高の仕組みではないでしょうか。ここでしか購入できないトークンも多数あり、何を隠そうあのホリエモンが技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所でもあります。

-仮想通貨
-, , ,

Copyright© 仮想通貨まとめ , 2018 All Rights Reserved.