未分類

ブロックチェーンに続く注目の技術「スマートコントラクト」とは?

更新日:

仮想通貨を知るうえで必ず登場する「ブロックチェーン」という言葉。世界初の仮想通貨であるビットコインの肝ともいえる技術であり、現在ではビットコイン以外にも多くの仮想通貨のベースとなっています。

法定通貨のような中央集権型ではなく、みんなが管理し合うことでデータの改ざんを行うことが困難で、極めてスピーディーでセキュアな取引を可能にしています。

そして、ブロックチェーンと並んで最近よく耳にすることが多くなってきたのが「スマートコントラクト」という技術です。日本語に直訳すると「賢い契約」という意味ですが、これは一体どのような技術なのでしょうか。

今回はスマートコントラクトについて詳しく解説していきます。

スマートコントラクトとは?

スマートフォンをはじめとして近年「スマート」という言葉を耳にする機会が増えてきました。実はスマートコントラクトの「スマート」も同じ意味を指しています。

すなわち、「スマート=賢い」「コントラクト=契約」。もっと分かりやすい言い方に替えると、「契約の自動化」となります。

通常私たちが何かを売買する際には、店舗やインターネットサイトを通じて取引をします。これは売買する双方のリスク回避のためであるということをご存知でしょうか。

物を売買するという行為は契約の一つです。

例えば、不要になったものを誰かに売りたいと考えたとき、当事者同士の取引をする際には「お金はきちんと払ってもらえるか」といった不安があります。また、逆に買う側の立場であったとしても「商品はきちんと引き渡してもらえるか」といった不安がつきまといます。

店舗は当事者間に第三者の立場として存在することによって、それらのリスクを担保する役割を担っているのです。また、当事者間での契約を履行する際であっても契約書を交わし、それなりの手続きを踏む必要があります。

このような手間とコストを軽減し、契約行為そのものの自動化を目的として生まれたのが「スマートコントラクト」という技術です。

 

仮想通貨と親和性の高いスマートコントラクト

実はスマートコントラクトの根本的な考え方は古くから存在し、現時点で身近なものがあります。それが自動販売機です。

  1. 商品の価格が提示されている
  2. お金を入れる
  3. 欲しい商品のボタンを押す
  4. 商品が出てくる

といった流れはまさにスマートコントラクトの姿そのものです。

しかし、このような単純な売買契約であれば技術的にそれほど難しいものではありませんが、高額な商品や複雑な条件の下で契約を自動化しようとすると個別に複雑なプログラムを組む必要があります。

そこで、セキュアで低コストな取引が可能な仮想通貨とスマートコントラクトを組み合わせることによって、契約の自動化を簡単なものにしたのです。

スマートコントラクトにとって重要なブロックチェーン

仮想通貨を用いて契約を自動化するということは、オンラインで秘匿性の高い情報を常にやり取りする必要があります。

ここで大きな問題となるのが、ネットワークやシステムがハッキングされて価格が書き換えられたり、顧客情報が流出する恐れがないのかという点です。

スマートコントラクトのベースとなっているのはブロックチェーンです。既にご存知の方もいると思いますが、ブロックチェーンはP2P技術によって互いに監視し合い、取引データも共有されているためデータを改竄することは不可能に近いです。

スマートコントラクトはあくまでも契約の自動化を目的としたものであり、ブロックチェーンという堅牢で信頼性の高いシステムの上に成り立っているということを覚えておきましょう。

スマートコントラクトを採用している仮想通貨

従来の仮想通貨に更にプラスαの価値を提供するスマートコントラクト技術。実際にこれを実装している仮想通貨が存在します。

それが「イーサリアム(ETH)」。現時点で流通しているメジャーな仮想通貨の中では唯一スマートコントラクトに対応しています。

もちろん、ハードフォークやソフトフォークによって仕様が変わり、他の仮想通貨がスマートコントラクトを実装する日が来るかもしれません。

しかしビットコインを見ると明らかなように、新しい技術を最初に実現したコインはその後の主流になっていく傾向が強いです。

イーサリアムは当初からスマートコントラクトを標準で実装しており、現在ではビットコインに次ぐ有力な仮想通貨となる可能性を秘めています。

最後に

どの時代であっても新しいサービスが登場した際には多くの人は実際の用途を具体的にイメージできないものです。それが世の中に普及すると、私たちの生活がどのように変わって便利になるのかが分からないと、多くの人は懐疑的な見方をします。

しかし実際に利用してみて、新しい体験をしてみることによって、それまで抱いてきたマイナスなイメージは払拭され、爆発的に世の中に普及していくものです。

それはインターネットやスマートフォン、SNSなどがここまで発展してきたという歴史が証明しています。

仮想通貨も同様に、お金という概念をインターネットの力によって変えていく革新的なものです。そして、今回ご紹介してきたスマートコントラクトという技術は、お金で決済するにあたって不可欠な「契約」という行為を自動化するものです。

仮想通貨が今後大きく発展していくうえで、このスマートコントラクトは無くてはならないものになるはずです。

これから仮想通貨を始めるという人は、ブロックチェーンと同様にスマートコントラクトもぜひ覚えておきましょう。

仮想通貨はじめるなら絶対口座開設したい取引所

coincheck( コインチェック )

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番かんたんにビットコインが購入できることで定評のある coincheck( コインチェック ) 。日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一と名実ともに最大手。セキュリティ/補償の面でも、仮想通貨損害補償サービスをおこなっており、安心して取引できます。

bitFlyer( ビットフライヤー )

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer( ビットフライヤー ) は日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超/ユーザー数60万人/資本金41億に加えて、大手金融機関より暗号通信化技術を採用してしていますのでセキュリティレベルも非常に高く、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。補償額は国内最大の500万円となります。

Zaif( ザイフ )

Zaif( ザイフ ) のといえば手数料の安さというくらい、マイナス手数料を大々的に打ち出しており、これは取引をすればするほどプラスになっていくという、トレーダーにとっては最高の仕組みではないでしょうか。ここでしか購入できないトークンも多数あり、何を隠そうあのホリエモンが技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所でもあります。

-未分類
-, ,

Copyright© 仮想通貨まとめ , 2018 All Rights Reserved.