未分類

ビットコインを生み出すマイニング(採掘)とは?

更新日:

ビットコインを生み出すマイニング(採掘)とは?
--------------------------------------------

今話題になっている仮想通貨。世界中の著名人からビジネスマンまで、もう手に入れている人も増えてきていると思います。その流れに伴って、これから仮想通貨を始めよう!と考え始めた人、これから手に入れようと決めた人も多いのではないでしょうか?
現在では多くの仮想通貨が広がっており、非常に多くの仮想通貨が出来ています。現在進行系で増え続けているため、すべてを知ることは難しいですが、情報として知っておきたい仮想通貨の流れがあります。
マイニング(採掘)とはビットコインの発行に必要なプロセスです。これは具体的には、ビットコインの取引履歴データの処理を行う作業ですが、マイニングと呼ばれる理由はビットコインが金(ゴールド)と同様に総量に上限があるためです。今回はそんなビットコインにおけるマイニングの説明とこれからの仮想通貨について説明したいと思います。

---------------------------------------------
マイニングとは?
---------------------------------------------

まず前提として、ビットコインは、一定期間ごとに、すべての取引記録を取引台帳に追記する機能があります。その追記の処理には、
・ネットワーク上に分散されて保存されている取引台帳のデータ
・追記の対象期間に発生したすべての取引のデータ
上記の二つの整合性を取りながら正確に記録することが求められます。

その整合性を取る作業はコンピューターによる計算で実現が可能です。しかしながら膨大な計算量が必要となります。なぜならすべてを正確に検証してから追記しなければならないからです。そこで、ビットコインでは、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。余っているコンピューターの計算能力を借りることにより、膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。このように、追記作業を手伝ってビットコイン全体が健全に運用されるように結果を残した人への報酬として、ビットコインが支払われる仕組みです。そしてこの報酬は、新たに発行されたビットコインによって支払われます。つまり、通貨の新規発行がこの瞬間に起こります。膨大な計算を行ってビットコイン全体の発展に貢献してくれた人へのささやかな感謝の形が、新規ビットコインの発行ということになります。この全体からビットコインの新規発行に至る流れが「採掘(マイニング)」と呼ばれています。現在、通貨としてのビットコインの新規発行は、この採掘(マイニング)を通じてしか行われていません。そのため、ビットコインの人気や利用が上昇するにつれ、価格の高騰など、課題も生まれています。

---------------------------------------------
マイニングとは、ビットコインの発行プロセスに必要な作業
---------------------------------------------

ブロックチェーンとは、仮想通貨の仕組みを支える技術であり、従来の技術よりも安価で改ざんや不正が行われにくいとされています。ビットコインをはじめとする仮想通貨の大きな特徴として、国や銀行などの中央集権的な管理に依存しない、個人と個人の関係で成り立っていることが挙げられます。これがP2P(Peer to Peer)と表現される仕組みで、仮想通貨取引の基本的な考え方です。そのP2Pの仕組みにより、仮想通貨は一度市場に出れば、国家などからの干渉を受けることがありません。つまり、世界中で取引される世界共通の通貨なので、中央銀行などが介入することもなく、純粋に需給バランスで価値が変わっていくのみとなります。この点で仮想通貨がいわゆる平等な通貨とも言われています。そして、その仕組みを支える技術がブロックチェーンです。
このブロック同士をつなげるためのデータ処理作業(承認作業)のことを先ほど説明したマイニングといい、マイナー(採掘者)という任意の参加者たちが行うことで成立しています。このマイナーが多ければ多いほど、また様々なマイナーが集まるほど、どんな操作にも対応できるようになり、ビットコインにとって強みとなっていきます。

 

---------------------------------------------
マイニングに参加する理由とは
---------------------------------------------

では実際にマイニングに参加する理由として挙げられることは何でしょうか。競争に勝って最速でひとつのブロックの処理を完了したマイナーには報酬として12.5ビットコインが付与されます(2017年9月現在)。この報酬が、マイナーが電気代やマイニングのためのハードなどのコストをかけてマイニングをする理由と言われています。またもちろんビットコインにも発行上限が2100万BTCと限りがあります。こうした理由から、ビットコインのマイニングは限りがあるという点で金の採掘になぞらえることができます。

 

---------------------------------------------
マイナーは収益性が高い方に集まる

--------------------------------------------

マイニングを行っているマイナーは、電気料などを消費して報酬として通貨を得ています。このため、もしも同じような計算作業を行うふたつの仮想通貨があれば、得られる収益が高い方にマイナーが集まるという事象が発生します。たとえば、実際にビットコインの課題から生まれた、ビットコインキャッシュとビットコインの間でこのような事例が確認されています。

コインダンスによると、8月のある期間、ビットコインキャッシュの価格が上昇し、またマイニングを行う際の計算の難しさが下げられた際に、ビットコインよりもマイニングで得られる収益の推定値が高くなったことが確認されました。というのもビットコインが人気による価格高騰で、手数料は高騰し、気軽に手に入るコインとしては難しくなりつつあるからです。そこでビットコインキャッシュは、ビットコインからスピンアウトした通貨ですが、構造はほとんど同じです。このため、これをきっかけにビットコインキャッシュのマイニングへの参加者が急増するという事態が起こりました。仮想通貨を取引するにあたって、マイナーの多さや、その属性が分散されているということはその通貨のネットワークの安定性とつながります。他にも通貨発行の仕組みにマイニングが必要な仮想通貨の場合、その通貨の安定性を考える上でのひとつの参考とすることができます。ぜひ、その点も踏まえて、自身が取引したい仮想通貨や制度について考えてみてくださいね。

いかがでしたか?ビットコインを生み出すマイニングについて、言葉走っていても中身を説明できないことなど解消出来たでしょうか。ビットコインの今後の動向に注目する価値はあります。ぜひチェックしてみてくださいね!

 

仮想通貨はじめるなら絶対口座開設したい取引所

coincheck( コインチェック )

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番かんたんにビットコインが購入できることで定評のある coincheck( コインチェック ) 。日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一と名実ともに最大手。セキュリティ/補償の面でも、仮想通貨損害補償サービスをおこなっており、安心して取引できます。

bitFlyer( ビットフライヤー )

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer( ビットフライヤー ) は日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超/ユーザー数60万人/資本金41億に加えて、大手金融機関より暗号通信化技術を採用してしていますのでセキュリティレベルも非常に高く、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。補償額は国内最大の500万円となります。

Zaif( ザイフ )

Zaif( ザイフ ) のといえば手数料の安さというくらい、マイナス手数料を大々的に打ち出しており、これは取引をすればするほどプラスになっていくという、トレーダーにとっては最高の仕組みではないでしょうか。ここでしか購入できないトークンも多数あり、何を隠そうあのホリエモンが技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所でもあります。

-未分類

Copyright© 仮想通貨まとめ , 2018 All Rights Reserved.