未分類

ビットコインは現金とどう違うの?

更新日:

今、世間で何かと話題になっているビットコインですが、実際にビットコインについて理解している人は少ないのではないでしょうか?
ビットコインなんて、まだまだ未来の話でしょう…?と思って素通りしているかもしれませんが、世界ではどんどん広まっています。
日本ではまだ導入は少ないのが現状ですが、訪日外国人も多く行くビックカメラ、旅行大手会社のH.I.Sなどで支払いが可能となり、これから確実に世界だけでなく日本でも使用が広がっていくと思われるのが、ビットコインです。
今のうちにビットコインと現金の違いについて抑えておきましょう!
---------------------------------------------
ビットコインとは、バーチャルなお金
---------------------------------------------

まず、ビットコインの概念についてお話します。
ビットコインは、「バーチャルなお金」と呼べます。それは、「仮想通貨」という意味を持っているからです。つまり、端的にいうと、「データ上にあるお金」ということです。

「データ上にあるお金なんて危なくないの?」と思う方もいると思います。
それが大きな現金との“違い”と言えるでしょう。
多くの日本人が対価として支払う「現金」はもちろん紙幣や硬貨として、自分自身で確認し管理し、触れることが出来る実態として持ち運びしています。
また、自分で持ち運びを行うことによって、所有感や、安心感を自然と感じているでしょう。

しかしながら、「ビットコイン」はバーチャルなお金です。仮想通貨なので、現金のような所有感は持てないかもしれませんが、一定の信頼が得られた限り、その通貨は価値を持つのです。その価値は、携帯や所有物上にあるのではなく、クラウド上にあるので、パスワードやIDを覚えている限り、お金はどこでも引き出せますし、手元になくとも保管しておけるのです。

つまり、現金は失ったら見つけられない限り、失うことになりますが、ビットコインは違います。もともとが仮想通貨ですので、バーチャルに保管してあることで、失うことはありません。
失うリスクもなく、財布のように持ち運ぶ必要もないビットコイン、便利だと思いませんか?

---------------------------------------------
ビットコインとは、国際通貨にもなるお金
---------------------------------------------

皆さんは海外へ行く際、準備する物の中に、必ず「外貨」がありませんか?
旅行前に銀行へ行って換金したり、現地の銀行へ行って換金したり、また帰国してから外貨を日本円に戻したり…そういったことが当たり前と思っていませんか?

しかし、ビットコインなら、外貨に替える必要がなくなります。
なぜなら、ビットコインは「どこの国の通貨でもない」からです。日本円など、米ドルなど、そういった通貨ではないので、各々のルールに則った取り決めなどを持たないのです。
つまり、現金のように国が取り決めた内容や使い方を持たないことで、非常に民主的で先進的な通貨と言えるでしょう。
そのうちの理由として、「手数料がほぼ無料」であるので、手数料がほぼ無料ということで国際送金などに活用でき、レートの違いによる差や送金料を払わなくてスムーズになります。次に、「発行枚数に制限がある」ことも特徴です。2100万ビットコインが上限です。
また、国際通貨になる理由の中にもあるように、「中央管理者がいない」ことが挙げられます。従来なら、日本円は日本銀行が直轄しており、また米ドルなら等と、決まっています。しかし、ビットコインは中央管理者がいない通貨であるので、規制のない自由度の高い通貨なのです。

---------------------------------------------
ビットコインとは、暗号通貨
---------------------------------------------

ビットコインは、バーチャルなお金だと説明しました。実態のない通貨として存在しますが、なんと今ビットコインでは、誰の所有するものであるかがわかるようになっているのです。
なので、所有者の許可を持たずに誰かに渡すことなど出来ないのです。

これも、現金との大きな“違い”といえるでしょう。現金に名前を書くことや所有していたという証を残すことは不可能だからです。

---------------------------------------------
ビットコインのデメリット
---------------------------------------------

ビットコインについて、ここまで読んでいただいた方は凡そ理解していただけたと思います。しかし、いざビットコインを使うにしても、まだ周りの人が使っていないことも多いし不安がありませんか?
使う前に知っておきたいデメリットについて、現金との違いを兼ねて説明します。

1.相場の変動がある

ビットコインの相場は実際変動します。日本円、米ドル、ユーロといった通貨と比べるとその変動幅はかなり大きいと言えます。そうした意味では相場変動で儲かるかもしれないし、損をするかもしれません。そういった意味では「株」に近いかもしれません。
使い方、知識によって、そのリスクは良いものであることももちろんあります。

2.取引所の選定には気をつけるべき

ビットコインはまだ現在浸透していないため、日本を含め多くの国に法律的な規制が不十分なのが現状です。
なので、まだよくわからない取引所を使うといったことは危険です。
しかし、日本では2016年5月25日にビットコインなどの仮想通貨についての規制が可決成立したことにより、登録制となっており、金融庁による監督下に置かれているので安心できるでしょう。日本国内では管理される取引業者に対する透明性は向上したといえるはずです。

3.パスワード等の保管にリスクがある。

ビットコインは持ち運ぶ必要もなく、また失うこともありませんが、暗号通貨であるという側面も同時に存在しています。つまり、パスワードの漏えいに関しては細心の注意を払う必要があります。

 

---------------------------------------------
ビットコインメリット
---------------------------------------------

次は、ビットコインのメリットについて見ていきましょう。もちろん、これからの世代にとって先進的な通貨であることは間違いありません。デメリットも先程述べたようにありますが、現金ではなくビットコインを世界が押していくためのメリットとはどのようなことがあるでしょうか?

 

個人間での「直接」送金が可能

通常なら、銀行などを介して送金を行う必要がありますが、ビットコインにはその必要はなく、直接の送金が可能です。財布からお金を取り出して誰かに現金を渡すのと同様に、ビットコインでは遠隔でも直接送金が可能です。これはメリットですね!

手数料がほぼ無料になる

仲介をする必要がないので、基本的に手数料を支払う必要がありません。銀行やクレジットカード支払いでも、手数料が必要な場合は多いですが、ビットコインでは上記に記載したとおりで、直接送金などのメリットによって、その手数料が格安となります。

お金の使いみちが自由

ここまで読んで頂いた方はおわかりと思いますが、ビットコインの使用は多岐に渡ります。また、面倒な手続きも必要がありません。
通貨や単位による特徴も統一されているので、ビットコインを使えば世界中で作業が可能です。お金の流通の幅が今までより、格段に広がっているのも特徴です。

いかがでしたでしょうか?
ビットコインと現金の違いについて知っていただけましたでしょうか?これからドンドン話題になると思われるビットコインついて、ぜひこの機会に知ってみてくださいね。

仮想通貨はじめるなら絶対口座開設したい取引所

coincheck( コインチェック )

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番かんたんにビットコインが購入できることで定評のある coincheck( コインチェック ) 。日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一と名実ともに最大手。セキュリティ/補償の面でも、仮想通貨損害補償サービスをおこなっており、安心して取引できます。

bitFlyer( ビットフライヤー )

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer( ビットフライヤー ) は日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超/ユーザー数60万人/資本金41億に加えて、大手金融機関より暗号通信化技術を採用してしていますのでセキュリティレベルも非常に高く、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。補償額は国内最大の500万円となります。

Zaif( ザイフ )

Zaif( ザイフ ) のといえば手数料の安さというくらい、マイナス手数料を大々的に打ち出しており、これは取引をすればするほどプラスになっていくという、トレーダーにとっては最高の仕組みではないでしょうか。ここでしか購入できないトークンも多数あり、何を隠そうあのホリエモンが技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所でもあります。

-未分類

Copyright© 仮想通貨まとめ , 2018 All Rights Reserved.