未分類

ビットコインの送金について

更新日:

ビットコインの送金について
--------------------------------------------

今話題になっている仮想通貨。世界中の著名人からビジネスマンまで、もう手に入れている人も増えてきていると思います。その流れに伴って、これから仮想通貨を始めよう!と考え始めた人、これから手に入れようと決めた人も多いのではないでしょうか?
現在では多くの仮想通貨が広がっており、非常に多くの仮想通貨が出来ています。現在進行系で増え続けているため、すべてを知ることは難しいですが、情報として知っておきたい仮想通貨の流れがあります。
ビットコインを送金するには、ビットコインのオンライン・ウォレットを利用します。スマートフォンやパソコンなどで、無料でダウンロードすることができます。今回はそんなこれから主流になっていくであろう仮想通貨の決済について、説明していきたいと思います。

 

---------------------------------------------
ビットコインとは
---------------------------------------------

ここでまずビットコインとは何かについて説明すると、ビットコインは、現在最も利用されていえる主な仮想通貨のひとつです。なぜなら、ビットコインは「どこの国の通貨でもない」からです。日本円など、米ドルなど、そういった通貨ではないので、各々のルールに則った取り決めなどを持たない通貨です。つまり、現金のように国が取り決めた内容や使い方を持たないことで、非常に民主的で先進的な通貨と言えます。そのうちの理由として、「手数料がほぼ無料」であるので、手数料がほぼ無料ということで国際送金などに活用でき、レートの違いによる差や送金料を払わなくてスムーズになります。次に、「発行枚数に制限がある」ことも特徴です。2100万ビットコインが上限です。また、国際通貨になる理由の中にもあるように、「中央管理者がいない」ことが挙げられます。従来なら、日本円は日本銀行が直轄しており、また米ドルならFBIと、決まっています。しかし、ビットコインは中央管理者がいない通貨であるので、規制のない自由度の高い通貨なのです。

 

---------------------------------------------
オンライン・ウォレットを利用して送金
---------------------------------------------

ビットコインを送金するには、ビットコインのオンライン・ウォレットを利用します。このオンライン・ウォレットとは、ビットコインの管理・送金などを行うためのアプリケーションです。便利なことに、このアプリケーションはスマートフォンやパソコンなどで、無料でダウンロードすることができます。以下に、ビットコインのウォレットの中の主なオンライン・ウォレットとして挙げられるのが、
・Bitcoin Wallet
・Blockchain.info
・Bread wallet
・Coinbase
・Copay
・Electrum
・Mycelium
これらのアプリケーションが便利と言われています。特に日本語に対応していてスマートフォンでも利用できるものは、Blockchain.info、Bread wallet、Copayをおすすめしています。

 

---------------------------------------------
送金方法
---------------------------------------------

送金方法としては、
送金先のアドレスを入力またはQRコードの読み込み
送りたい量を入力
送る相手先、送る額を指定したら「送信」をクリック
完了
という流れです。
ビットコインの送金には、メールのアドレスのように送金したい相手の26~34文字の英数字の羅列であるビットコインのアドレスを知ることが必要です。この送金先のアドレスは、QRコードとして表示をすることもできます。まずは、この送金先のアドレスを相手に尋ねて入力するか、または相手がその場にいる場合は、相手のウォレットのQRコードを画面に表示してもらって、それを自分のウォレットから読み込むことで送金先を指定してください。次に、相手にどのくらいの数量のビットコインを送りたいかを入力する必要があります。ウォレットの種類によっては、円やドルなどの法定通貨の額から入力することも可能です。
送金する先と送金額を入力したら、「送信(送金)」をクリックします。この時、パスコードを入力するという過程が必要な場合もあります。その際は必ず、ウォレットを設定するときに自分が指定しておいたパスコードは忘れないように注意してくださいね。送信は直ちに完了します。通常、大体30分ほどでお互いに受信したことが確認できるかと思うので、送金相手と確認を行いましょう。またこれとは逆に、受信する際には、相手が目の前にいる場合には自分のビットコインアドレスをウォレット上でQRコードの形状にして相手に見せることで、すぐにQRコードを読み込んで送金してもらうことが可能です。この操作はどのウォレットでも大体簡単に行うことができます。または、自分のビットコインアドレスをコピーして相手にメッセンジャーなどで送り、そのアドレスに送ってもらうこともできます。このように、ビットコインのウォレットを利用すれば、送信・受信ともに非常に簡単に行うことができます。ケータイひとつで取引から決済まで可能という、これからの流れを感じます。セキュリティ上の観点から、ウォレットを復元するためのキーワードなどはきちんと控えることや、自分のパスコードを忘れないようにするなどの基本の管理をしっかりと行うことを忘れずに、ビットコインの送金を体験してみてください。

 

---------------------------------------------
ビットコインの信頼性について
---------------------------------------------

ビットコインを始めるにあたって不安なことはもちろんあると思います。決済だけではなく、送金についても説明しましたが、ビットコインの信頼度について知っていただけたらと思います。多くの人が抱く、実際にビットコインを手に入れたときの不安材料として挙げられることは
1.自分のビットコインが突然なくなることはないのか
2.送金したら、確実に目的の人に支払われているのか
3.送金して手元にないはずのビットコインがまだ使える状態ということはないのか
以上の3点が不安材料として挙げられると思います。もちろん現金だったら、支払いでお金を渡せば自分の手元から相手に確実にお金が渡ります。もう一度そのお金を別の場所で使おうと思っても、そのお金はもう手元にないため使えません。しかしながら、ビットコインはただのデータですから、送金後もデータは手元に残っています。送金後にデータが消えてしまうことはありません。もし、手元にないお金がデータにあるからといって使えてしまうと同じビットコインを使って2回も3回も支払えることになり、ビットコインへの信頼は失われてしまいます。そのようなことはないように仕組みができていますので安心してくださいね。

いかがでしたか?ビットコインの送金方法について、でした。今後の動向に注目する価値はあります。ぜひチェックしてみてくださいね!

 

仮想通貨はじめるなら絶対口座開設したい取引所

coincheck( コインチェック )

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番かんたんにビットコインが購入できることで定評のある coincheck( コインチェック ) 。日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一と名実ともに最大手。セキュリティ/補償の面でも、仮想通貨損害補償サービスをおこなっており、安心して取引できます。

bitFlyer( ビットフライヤー )

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer( ビットフライヤー ) は日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超/ユーザー数60万人/資本金41億に加えて、大手金融機関より暗号通信化技術を採用してしていますのでセキュリティレベルも非常に高く、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。補償額は国内最大の500万円となります。

Zaif( ザイフ )

Zaif( ザイフ ) のといえば手数料の安さというくらい、マイナス手数料を大々的に打ち出しており、これは取引をすればするほどプラスになっていくという、トレーダーにとっては最高の仕組みではないでしょうか。ここでしか購入できないトークンも多数あり、何を隠そうあのホリエモンが技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所でもあります。

-未分類

Copyright© 仮想通貨まとめ , 2018 All Rights Reserved.