未分類

ビットコインの半減期とは?価格が上昇しやすい?

更新日:

ビットコインの半減期とは?価格が上昇しやすい?
--------------------------------------------

今話題になっている仮想通貨。世界中の著名人からビジネスマンまで、もう手に入れている人も増えてきていると思います。その流れに伴って、これから仮想通貨を始めよう!と考え始めた人、これから手に入れようと決めた人も多いのではないでしょうか?
現在では多くの仮想通貨が広がっており、非常に多くの仮想通貨が出来ています。現在進行系で増え続けているため、すべてを知ることは難しいですが、情報として知っておきたい仮想通貨の流れがあります。
ビットコインの半減期とは、ビットコインの供給量が半減するタイミングのことを指します。ビットコインの発行プロセスであるマイニング(採掘)についての説明を加え、この発行量が半減するタイミングについて説明していきます。参考にしてみてくださいね!

 

---------------------------------------------
ビットコインとは
---------------------------------------------

ここでまずビットコインとは何かについて説明すると、ビットコインは、現在最も利用されていえる主な仮想通貨のひとつです。なぜなら、ビットコインは「どこの国の通貨でもない」からです。日本円など、米ドルなど、そういった通貨ではないので、各々のルールに則った取り決めなどを持たない通貨です。つまり、現金のように国が取り決めた内容や使い方を持たないことで、非常に民主的で先進的な通貨と言えます。そのうちの理由として、「手数料がほぼ無料」であるので、手数料がほぼ無料ということで国際送金などに活用でき、レートの違いによる差や送金料を払わなくてスムーズになります。次に、「発行枚数に制限がある」ことも特徴です。2100万ビットコインが上限です。また、国際通貨になる理由の中にもあるように、「中央管理者がいない」ことが挙げられます。従来なら、日本円は日本銀行が直轄しており、また米ドルならFBIと、決まっています。しかし、ビットコインは中央管理者がいない通貨であるので、規制のない自由度の高い通貨なのです。

 

 

 

 

 

---------------------------------------------
ビットコインは約4年に1度半減する
---------------------------------------------

知らない人が多いですが、ビットコインの供給量は、約4年ごとに半減されるように設定されています。ビットコインの誕生当初は、およそ10分ごとに50BTCずつ発行されていました。しかしながら、2012年11月29日に半減して25BTCになり、2016年7月にはさらに半減して12.5BTCとなりました。2017年9月時点でも、およそ10分ごとに12.5BTCずつ発行されるというペースで供給が進んでいます。次に半減するのは2030年とみられています。そして、ビットコインの発行上限は2100万BTCと決められており、2140年頃に発行上限である2100万BTCに達すると、それ以上は新規発行が行われないことになります。

---------------------------------------------
ビットコインの新規発行とは
---------------------------------------------

マイナーに支払われる報酬とは、マイニングを経由することで行われます。マイニングとは、ビットコインでは、この追記作業に有志のコンピューターリソースを借りています。余っているコンピューターの計算能力を借りることにより、膨大な計算を行い、みんなで共有する1つの大きな取引台帳に追記を行っているのです。このように、追記作業を手伝ってビットコイン全体が健全に運用されるように結果を残した人への報酬として、ビットコインが支払われる仕組みです。そしてこの報酬は、新たに発行されたビットコインによって支払われます。つまり、通貨の新規発行がこの瞬間に起こります。膨大な計算を行ってビットコイン全体の発展に貢献してくれた人へのささやかな感謝の形が、新規ビットコインの発行ということになります。この全体からビットコインの新規発行に至る流れが「採掘(マイニング)」と呼ばれています。
ビットコインはマイニング(採掘)という計算作業によって生成され、10分に一度ずつ「ブロック」という形で取引履歴データが格納されています。また、この計算作業に参加するマイナーには報酬としてビットコインが付与される仕組みで動いています。この報酬で渡されるビットコインが新規発行されたコインです。新規発行されたビットコインははじめにマイナーに報酬という形で付与され、それが取引されることで市中へと流通することが可能です。前述に記載通り、ビットコインのコイン新規発行には上限制限があります。その21万ブロックが生成されるおよそ4年ごとに半減していき、2140年頃にビットコインの発行上限である2100万BTCに到達します。

---------------------------------------------
ビットコイン価格が上昇しやすいといわれる理由
---------------------------------------------

現在では、日本円や米ドル、ユーロなどの法定通貨は先進国を中心とした金融緩和政策によって通貨供給量を増加する手法を取ることによって事実上その価値は下がっていると考えられています。しかしながら、発行上限が決まっているビットコインの供給量は今後、マイナーの報酬のために半減期を迎えるたびに減少していく運命は避けられません。将来的には発行上限である2100万BTCが発行されたところでその供給が金(ゴールド)のように枯渇してしまいます。この現状は、現在、全世界の人口は約73億人とすると一人当たり0.0029BTCしか発行されないということを意味します。しかしながらその一方で、自国通貨への信用性が低まった地域において資産防衛の手段としてビットコインが選択されるケースが散見されています。
たとえば一例を挙げると、
・2016年にインフレ率が500%になった南米のベネズエラ
自国通貨ボリバルの信用率が低下してビットコイン買いに走る人が増えるという動きがみられました。
・ロシア
石油経済の下落などが要因で経済が悪化し、それに伴いやはりビットコイン取引が増えている模様です。
・中国
自国通貨人民元の下落を懸念する投資家によるビットコイン取引が非常に多い状態といえます。
このように、今後需要が生まれる可能性が指摘される中でその供給量は世界の人口に対して少ない点が、法定通貨のようにインフレになることはなく価値が上がるのではないかという見方の一因となっています。

 

 

いかがでしたか?ビットコインの半減期と価格
について、言葉走っていても中身を説明できないことなど解消出来たでしょうか。ビットコインの今後の動向に注目する価値はあります。ぜひチェックしてみてくださいね!

 

仮想通貨はじめるなら絶対口座開設したい取引所

coincheck( コインチェック )

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番かんたんにビットコインが購入できることで定評のある coincheck( コインチェック ) 。日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一と名実ともに最大手。セキュリティ/補償の面でも、仮想通貨損害補償サービスをおこなっており、安心して取引できます。

bitFlyer( ビットフライヤー )

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer( ビットフライヤー ) は日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超/ユーザー数60万人/資本金41億に加えて、大手金融機関より暗号通信化技術を採用してしていますのでセキュリティレベルも非常に高く、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。補償額は国内最大の500万円となります。

Zaif( ザイフ )

Zaif( ザイフ ) のといえば手数料の安さというくらい、マイナス手数料を大々的に打ち出しており、これは取引をすればするほどプラスになっていくという、トレーダーにとっては最高の仕組みではないでしょうか。ここでしか購入できないトークンも多数あり、何を隠そうあのホリエモンが技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所でもあります。

-未分類

Copyright© 仮想通貨まとめ , 2018 All Rights Reserved.