未分類

トークンとは?

更新日:

「トークンってどういうものなの?」

仮想通貨の取引所では、トークンという言葉も頻繁に使われています。
取引所で売買できる点からみると、仮想通貨と同じような感じもするけど、何が違うんでしょう?
このトークンについて、今回は初心者にもわかりやすい言葉で説明していきますね。

まず、トークンの実態についてです。
トークンとは、「ブロックチェーン上で発行した独自コイン」と言われています。ブロックチェーンというのは、ビットコインが成り立つための技術で、その他、多くの仮想通貨がこの技術を利用、さらに改良を重ねることで独自のコインを発行しています。ブロックチェーン上で発行した初めての通貨がビットコインです。また、改良したブロックチェーン技術を使った仮想通貨が『イーサリウム(ETH)』で、改良したブロックチェーン技術XRP Ledgerを使った仮想通貨が『リップル(XRP)』です。

つまり、この説明を見る限り、それは仮想通貨のことじゃないの?という疑問が湧きますよね。当然です。
仮想通貨もトークンも、その実態は同じようなものなのです。だから、仮想通貨のことを海外では例えば、ETHトークン(イーサリウムトークン)などと呼ぶこともあるそうです。
ただ、仮想通貨はそれぞれ独自にブロックチェーン技術を改良して仮想通貨を作っているのに対して、トークンはすでに公表されているブロックチェーン技術を拝借して作った仮想通貨です。ですから、このトークンはほかのトークンとココが違う、などといった独自の特徴はなく、同じ技術を使えばどのトークンも同じ性質を持つものということになります。ただ、その技術・プラットホームはいくつかあり、その数もどんどん増えているようです。

ただ、仮想通貨とトークンではその役割や使われ方が違っています。
仮想通貨は主に通貨として市場に出回ることを期待して発行されています。これに対してトークンは、通貨として頻繁に利用されることよりも、株やポイントカードのような役割を持っています。その通貨の利便性が高いから購入する仮想通貨とは違い、そのトークンを発行する人や会社を信用し、将来の繁栄を確信するからトークンを購入するのです。

また、仮想通貨とは違って、トークンはCounter Party(カウンターバーティー)やOpen Ledger(オープンレジャー)、IndieSquare(インディースクエア)などのウォレットからは、誰でも簡単に作ることができます。

ここで、頭がこんがらがる人いませんか?誰でもトークンを作れるってどういう事?
トークンが仮想通貨と同じで、仮想通貨はお金と変えられる、ってことは自分でお金を作れるっていうこと?
そうなんです。とても興味深いですが、面白いのはここまでです(笑)いくらお金を作れても、実際にその価値を認めてくれる人がいないと、おもちゃのお金と同じです。「代替通貨」とも呼ばれているのは、そういった側面があるからなんですね。
実際に、たくさんの人が独自トークンを作っていますが、実際に流通しているのはごくわずか。トークンを作るのは簡単でも、そこに価値を作り流通させることがどんなに難しいか考えさせられますね。

とはいえ、実際に価値のある何かを持っている人にとって、トークン発行は素晴らしいビジネスツールになります。
例えば、人気のあるブロガーがいたとして、その人が独自トークンを発行したとします。いつもそのブロガーの記事を楽しみにしているファンが応援の代わりにトークンを購入してくれれば、その収入をもとに、さらなるサービスを展開していけます。数年後にそのブロガーの人気がもっと大きくなっていれば、トークンの価値は買った時よりずっと高いものになっているはずです。購入者はそれを売却して利益を売ることも可能です。こうしてみると、そのトークンの性質は株式と同じものだというのがわかりますよね。ビジネスが成功すればするほどその価値が高まるといった点でも、まさに株と同様です。また、ブログによって得た収益のいくらかを、トークン保有者の中から抽選で進呈することも可能(注:配当を付与することは日本の法律に違反するようです)ですし、トークン保有者には特別なサービスを提供することも可能です。あまり知られていないブロガーでも、はじめは無料でトークンを配布し、その後の頑張り次第で価値を上げていくということもできます。

また、ブログに乗せていない非公開記事の閲覧権や、セミナー参加のためにトークンをいくらで販売ということをしてもよいです。それなら法定通貨で実際購入という形をとっても同じではないか、と思いますか?確かに販売時に同額のお金が入ってくることは同じです。でも、お金と違ってクーポンは残ります。トークンの発行量を決めるのは発行者ですから、トークンを購入したい人が増えればそのトークンの価値は高まり、結果その差額によっても儲けることができるのです。これはトークン保有者にとってももちろん嬉しいことですね。

また、価値のついた金額でトークンを追加販売ということもできます。それにトークン保有者は顧客になり、トークン価値上昇のためにも応援してくれるようになるかもしれません。また、トークンは従来のポイントなどのようにそこでしか使用できないものではなく、実際にビットコインや他の仮想通貨との交換が可能なため、お金と同等の価値を持つものでもあるんです。このように、トークンにはビジネスの新しい可能性、利便性があるため、これほどまで注目されているのです。

最後に、有名なトークンを二つご紹介します。
まずは、Zaifトークンです。有名な仮想通貨取引所、Zaif取引所を運営するテックビューロ株式会社が発行するトークンですが、現在のところCOMSOトークン購入以外に使い道はありませんでした。でも、Zaif取引所を盛り上げるために使い道は広がるかもしれません。扱っているのはZaif取引所だけです。
もうひとつのCOMSAトークンも有名で、こちらもテックビューロ株式会社が発行するトークンです。COMSAは、資金を調達したい企業やプロジェクトがコインやトークンを購入してもらうことで資金を得る新規仮想通貨公開(ICO)の場を提供し、そのサポートをしてくれます。2017年9月から11月のCOSMOトークンセールでは、なんと109億円を調達しました。こちらも取り扱っているのはZaifだけです。

いかがでしたか?
仮想通貨が通貨の変わりになり、トークンが株やポイントカードの代わりになる時代はもうすぐそこまで来ているのかもしれませんね。

仮想通貨はじめるなら絶対口座開設したい取引所

coincheck( コインチェック )

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番かんたんにビットコインが購入できることで定評のある coincheck( コインチェック ) 。日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一と名実ともに最大手。セキュリティ/補償の面でも、仮想通貨損害補償サービスをおこなっており、安心して取引できます。

bitFlyer( ビットフライヤー )

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer( ビットフライヤー ) は日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超/ユーザー数60万人/資本金41億に加えて、大手金融機関より暗号通信化技術を採用してしていますのでセキュリティレベルも非常に高く、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。補償額は国内最大の500万円となります。

Zaif( ザイフ )

Zaif( ザイフ ) のといえば手数料の安さというくらい、マイナス手数料を大々的に打ち出しており、これは取引をすればするほどプラスになっていくという、トレーダーにとっては最高の仕組みではないでしょうか。ここでしか購入できないトークンも多数あり、何を隠そうあのホリエモンが技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所でもあります。

-未分類

Copyright© 仮想通貨まとめ , 2018 All Rights Reserved.