未分類

イーサリアム建ての社債が発行!仮想通貨の金融商品

更新日:

イーサリアム建ての社債が発行!仮想通貨の金融商品
--------------------------------------------

今話題になっている仮想通貨。世界中の著名人からビジネスマンまで、もう手に入れている人も増えてきていると思います。その流れに伴って、これから仮想通貨を始めよう!と考え始めた人、これから手に入れようと決めた人も多いのではないでしょうか?
現在では多くの仮想通貨が広がっており、非常に多くの仮想通貨が出来ています。現在進行系で増え続けているため、すべてを知ることは難しいですが、情報として知っておきたい仮想通貨の流れがあります。
その中のひとつとして、今、仮想通貨に関連した金融商品が世界のあちこちで生まれようとしており、仮想通貨建ての社債もそのひとつです。仮想通貨で最も有名なビットコイン関連の金融商品が生まれ始めている状態ですが、実は、イーサリアムに関連した商品も出始めています。今回はそのイーサリアム建ての社債について説明します。

 

---------------------------------------------
仮想通貨に関連した金融商品の広まり
---------------------------------------------

現在、仮想通貨の拡がりとともに、仮想通貨の利用や関わりにも新たな変化が生まれています。仮想通貨に関連した金融商品が、世界のあちこちで生まれようとしています。仮想通貨で有名な通貨のひとつであるビットコイン関連の金融商品が生まれ始めている状態ですが、実は、他の仮想通貨に関連した商品も出始めています。
その例として、
・CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)グループとCBOE(シカゴ・オプション取引所)という世界最大規模のデリバティブ取引所のふたつがビットコインの先物商品を扱うという宣言

これは投資家にとって価格下落のリスクを低める効果が期待されることや、世界の大手取引所による取り扱いでさらなる資金が流入する可能性があり期待されています。ビットコインが投資商品としてさらに普及する可能性が好感されて、CMEグループの公表後ビットコインは過去最高値を更新することが出来ました。このように、実際にビットコインの先物商品を扱うという宣言によって、ビットコインの発展にもつながっています。

・ゴールドマンサックスやJPモルガンなどが顧客に対してビットコイン取引のサポートを行うことの検討
大手外資系でも、続々と仮想通貨への参画が見られています。顧客の需要の高まりに対応することが目的の検討のようです。また、その中でも価格上昇を続けるビットコインに対する投資家の注目度は高まり続けている状況のようです。また、イギリスで大手ヘッジファンドであるマングループがビットコインへ投資する可能性は十分に存在すると名言したことや、フランスでは資産運用会社Tobamがビットコインの価値と連動するファンドをローンチしました。このように、ビットコインの発展は欧米でも注目されています。

さらに、アメリカではビットコインETF(上場投資信託)を巡って現在申請が行われている最中ですが、欧州においてはすでにビットコインのETN(指標連動証券)がNASDAQ OMX Groupによって提供されています。仮想通貨も日々増えていっておりますが、それと同時に有名コインには大手外資からの需要の拡大にそった対応や参画などが増えてきています。仮想通貨から新たな選択肢が見えきていることが顕著ですね。

 

 

---------------------------------------------
第2位の時価総額を持つイーサリアムによる社債が発行
---------------------------------------------

 

現在、仮想通貨市場でビットコインに次いで第2位の時価総額を持つイーサリアムによる社債が発行されるというニュースが出たことで、イーサリアムは過去最高値を更新しました。イーサリアムとはどんな仮想通貨というと、Ethereum(イーサリアム)は現在最も有名なビットコインと同じく仮想通貨の種類のひとつであり、また、ビットコイン以外のコインはアルトコインと呼ばれていますが、その中でも代表的なコインの一つと言えるのがこのEthereum(イーサリアム)です。その特徴として、仮想通貨の基準である時価総額は、多数ある仮想通貨の中で、ビットコインに次ぐ第2位のポジションと言われています。(2017年9月現在)そして、Ethereum(イーサリアム)は一見仮想通貨の名称のように思われますが、広義にはEthereumとは2015年にリリースされた次世代分散アプリケーション基盤が発端で、ブロックチェーンを基盤として、アプリケーション作成のプラットフォームを作っています。
ビットコインと同様にコントロールする仲介者はおらず、しかしビットコインと異なる点は、ビットコインは取引の支払手段として使用されていますが、Ethereum(イーサリアム)はその支払手段だけでなく、さきほどのアプリケーション作成のプラットフォームなどのように他の手段にも利用を期待されている新しい仮想通貨と言えます。

このイーサリアムによる社債は世界初の試みで、イギリスのLuxDecoという会社が発行する予定であるようです。 NivauraというスタートアップがJPモルガンやムーディーズなどと共同で製作したことが報道されています。
現時点では海外が主流ですが、国内でも株式会社フィスコが2017年8月にビットコイン建て社債を試験的に発行していますが、今後も社債だけでなく仮想通貨を利用したさまざまな金融商品が誕生することが予想されます。従来の仮想通貨に対する仮想通貨専門の取引所に投資をすることは難しそうだし、少しハードルが高いという投資家や、仮想通貨の価格変動が大きいことにリスクを感じてなかなか参加しにくいと感じていた投資家にとって、投資に参加できる窓口が増え、リスクの低減が期待できる仮想通貨関連の金融商品の選択肢が増えることはプラスの要因となり得ます。こうした環境整備が進むことによって、仮想通貨自体の価値が高まるといった効果も期待されることになるでしょう。

いかがでしたか?海外で続々と進む仮想通貨の金融商品への進出でした。今後の動向に注目する価値はあります。ぜひチェックしてみてくださいね!

 

仮想通貨はじめるなら絶対口座開設したい取引所

coincheck( コインチェック )

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

日本で一番かんたんにビットコインが購入できることで定評のある coincheck( コインチェック ) 。日本1位の仮想通貨取引量を誇る取引所で売買しやすく、また、扱っている仮想通貨の種類も日本一と名実ともに最大手。セキュリティ/補償の面でも、仮想通貨損害補償サービスをおこなっており、安心して取引できます。

bitFlyer( ビットフライヤー )

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer( ビットフライヤー ) は日本初の仮想取引所であり、月間取引量は8000億円超/ユーザー数60万人/資本金41億に加えて、大手金融機関より暗号通信化技術を採用してしていますのでセキュリティレベルも非常に高く、ビットコイン取引量・ユーザー数3年連続No.1の仮想通貨取引所です。補償額は国内最大の500万円となります。

Zaif( ザイフ )

Zaif( ザイフ ) のといえば手数料の安さというくらい、マイナス手数料を大々的に打ち出しており、これは取引をすればするほどプラスになっていくという、トレーダーにとっては最高の仕組みではないでしょうか。ここでしか購入できないトークンも多数あり、何を隠そうあのホリエモンが技術アドバイザーを努めた仮想通貨取引所でもあります。

-未分類

Copyright© 仮想通貨まとめ , 2018 All Rights Reserved.